05/29
2024
Wed
旧暦:4月22日 先勝 癸 
スポーツ
2012年2月2日(木)9:00

オリックス始動/市民球場

春季キャンプスタート


ランニングで体をほぐす選手=1日、市民球場

ランニングで体をほぐす選手=1日、市民球場

 プロ野球のオリックス・バファローズが1日、キャンプイン。宮古島市民球場では長打力が期待される李大浩選手、T-岡田選手ら1軍の野手、投手42人が守備や打撃、投球練習で汗を流した。練習開始前の歓迎式典で岡田彰布監督は「昨年は勝率1毛差で悔しい思いをした。今年は優勝しかない。宮古島がそのスタートになる」と今年に懸ける意気込みを述べた。「新・黄金時代~2012年、頂点へ」をキャッチフレーズに始動した。

 

 この日は最高気温が平年より1・4度高い21・4度と暖かく絶好のキャンプ日和。練習は午前10時30分にスタート。選手らは球場のサブグラウンド(前福多目的運動場)でランニングやウオーミングアップで体をほぐした。投手は投内連係、野手は球場でシートノックを受けるなど守備や打撃練習と3月の開幕に向け汗を流した。

 市民球場で行われた歓迎式典で東少年ヤンキースから下地大介君、下地辰樹君、松川太洋君が村山良雄球団本部長、岡田彰布監督、鈴木郁洋選手会長に歓迎の花束が贈られた。

 式典には行政や観光関係者が出席し、宮古牛やオリオンビールなどの特産品が激励の品として贈呈された。

 長濱政治副市長は「昨シーズンは僅差でクライマックスシリーズ進出を逃した。今年は岡田監督を先頭にチーム一丸となって戦い、リーグ優勝、日本一になることを願っている」と述べた。

 また、少年野球チームを代表して東少年ヤンキースの下地大介君が「キャンプをとても楽しみにしていた。選手の皆さん宮古島でいっぱい練習して日本一になってください」と期待を込めた。

 岡田監督は「昨年は本当に悔しい思いをした。全員で頑張って優勝を秋に報告したい」とあいさつした。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!