08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
産業・経済
2012年2月4日(土)9:00

養殖アーサを初収穫/西原漁業研究会

昨年より40日遅れも品質上々


初収穫された養殖アーサを前に小禄組合長(左)と西原漁業研究会員の池田博次さん=3日、平良の大浦湾

初収穫された養殖アーサを前に小禄組合長(左)と西原漁業研究会員の池田博次さん=3日、平良の大浦湾

 西原漁業研究会(仲間正宗会長)の養殖アーサ(和名・ヒトエグサ)が3日、平良の大浦湾で初収穫され同日、宮古島漁協主催の試食会と豊漁祈願が行われた。今年の収穫開始は日照不足が生育に影響し、昨年より約40日遅れたが、品質は緑の色乗りが良く、上々という。収穫は3月下旬ごろまで続き、生産量は約3㌧を見込んでいる。


 昨年11月に、種付けした網を沖に出し、雑草を除去する栽培管理などを経て、収穫となった。

 初収穫されたアーサは、約160㌔。研究会の会員は5人で、収穫したアーサの一部は漁協が買い取り、生や加工品を直売店で販売している。5日の朝市では、初収穫のアーサも扱う。

 セレモニーでは、取れ立てのアーサを使った天ぷらが振る舞われた。参加者らは「磯の香りが、とても良く絶品」と太鼓判だった。

 小禄貴英宮古島漁協組合長は「天候不良の中で、収穫にこぎ着けたのは会員の努力のたまもの」とたたえ、その上で、天気の回復による豊作を祈念した。

 宮古島漁協では2008年9月に、アーサ養殖の漁業権を取得し大浦湾で養殖を開始した。年度別の生産実績は08年度2・9㌧、09年度2・3㌧、10年度が4・0㌧。現在、漁業権の区域見直しにより、養殖可能面積が拡大し、12年度は増産の見通しとなっている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!