05/21
2024
Tue
旧暦:4月13日 仏滅 甲 小満
教育・文化
2012年2月16日(木)9:00

3教諭が実践報告/中体連・高体連

実践・研究発表会


実践報告に聞き入る参加者=15日、宮古総合実業高校

実践報告に聞き入る参加者=15日、宮古総合実業高校

 宮古地区中学校体育連盟と同高校体育連盟による実践・研究発表会が15日、宮古総合実業高校で開かれた。宮高の上運天誠教諭と渡慶次晃教諭が実践報告を、平良中の小場玲子教諭が研究発表を行い、両連盟の連携強化と情報共有を図った。


 陸上部を指導する上運天教諭は、実業団などの宮古合宿に参加し、効果的な練習方法を取り入れたことなどを報告した。「宮古から全国へを目標に取り組んできた。今後は全国で勝負を目標にレベルアップしたい」と語った。

 渡慶次教諭は、ウエイトリフティング同好会を立ち上げるまでの経緯を紹介し、「宮古島には素晴らしい素質を持った生徒がたくさんいる。中学校教諭との交流や高校間での連携が必要」と課題を挙げた。

 平良中女子駅伝部の監督を務めた小場教諭は「駅伝・専門外種目への挑戦」をテーマに発表。「できるだけ広い協力体制を整える必要がある。周囲に理解・協力が生まれると、生徒や指導者に迷いがなくなる」と強調した。

 東海大学九州バスケットボール部長の元炳善(ウォン・ビョンソン)さんによる特別講演も行われ、チームを強くするための十二条件などを説明した。

 同発表会は、これまで高体連のみで開催していた。今回、中体連に協力を呼び掛け、初の共同での開催となった。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!