01/26
2023
Thu
旧暦:1月5日 大安 甲 
環境・エコ 社会・全般
2010年8月7日(土)17:57

E3事業の進ちょくなど報告/バイオエタノール

事業の進ちょく状況などが報告や講演が行われた合同会議

事業の進ちょく状況などが報告や講演が行われた合同会議

家藤博士、残渣の活用を講演/宮古島プロジェクト合同会議
 バイオエタノール事業に関する宮古島プロジェクト推進委員会合同会議が6日、資源エネルギー庁など関係各省庁やりゅうせきなどから推進委員が出席し、下地農村環境改善センターで開かれた。同会議ではNEDO事業「E3地域流通社会モデルの創成とその実証研究事業」と環境省事業「エコ燃料実用化地域システム実証事業」についての報告が行われた。

 

 酒類総合研究所の研究企画知財部門長の家藤治幸農学博士が「バイオエタノール発酵残渣酵母、蒸留残渣の有用性と高度利用の可能性」と題して講演し、残渣に含まれる酵母などの成分の活用で複合的なバイオエタノール事業を推進する必要性を指摘した。

 
 家藤氏は「現在のバイオエタノール事業はとかくエネルギー収支に目が行きがちだが、エタノール生産過程で副産物として発生する発酵・蒸留残渣には有用な成分が多く含まれている。特にその中の酵母に含まれる有価物の抽出と商品化は産業創出につながる」と、バイオエタノール事業を円滑に推進するためには残渣の有効活用も包括し、複合的に取り組むことが必要だと強調した。さらに残渣に含まれる酵母の有用性について「酵母はアルコールを発酵するが、酵母内にはアルコール性肝炎やうつ、アルツハイマー病、がんなどの治癒(ちゆ)に有効な成分が含まれている」とこれまでの実験データなどをを示しその有用性を説明した。

 
 一行はきょう7日、E3給油設備やバイオエタノール大規模生産設備などを視察する。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!