08/17
2022
Wed
旧暦:7月20日 友引 壬 
社会・全般
2012年5月4日(金)9:00

「平和憲法の理念守る」/九条の会

憲法の日に決意新た


平和と憲法を語る集いであいさつする仲宗根さん(中央奥)=3日、カママ嶺公園

平和と憲法を語る集いであいさつする仲宗根さん(中央奥)=3日、カママ嶺公園

 平和と憲法を語るつどい(主催・みやこ九条の会)が「憲法記念日」の3日、カママ嶺公園にある「憲法九条の碑」の前で行われた。同会の会員や趣旨に賛同する市民らが集い、平和憲法の理念を守る活動などを続ける決意を新たにした。


 「沖縄の日本復帰40周年にあたり、平和憲法を守り、下地島空港の軍事利用反対、先島地域への陸上自衛隊配備反対を掲げて幅広い運動を展開する決意を表明する」とのアピール文を採択した。

 代表世話人の一人、仲宗根將二さんは現憲法制定、施行までの経緯を話すと共に「宮古の、沖縄の、日本の、そして世界の反戦平和を語り合う集いとしたい」とあいさつした。

 意見交換では「沖縄の復帰は、日本への復帰というよりも、この平和憲法の下にありたいということだったのではないか」「(現憲法の)理念が実現できるよう努力していかなければいけない」「宮古島への地対空誘導弾パトリオットミサイル(PAC3)の配備は北朝鮮のミサイル発射を口実にした自衛隊配備の『地ならし』だ」などの意見が出た。

 参加者の一人は「これまでも憲法を変えようとする動きはあった。今、その可能性が最もあるという危機感がある。どう守るのかが大きく問われている」と訴えた。

 第2次世界大戦を体験した参加者からは「戦争は住民を守らない。どのような圧力があったとしても、戦争には絶対に反対していく」と強い口調で決意を語った。

 みやこ九条の会は2006年に発足し、会員は現在約120人。07年から毎年憲法記念日の3日に「つどい」を開催し、平和憲法を守るための意見や情報交換を行い、現憲法を守る活動を続けている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

2022年8月14日(日)8:58
8:58

14日からの公務開始発表/第48代ミス宮古島

夏まつり延期で観光協会   宮古島観光協会の吉井良介会長らは12日、会見を開き、14日を開催日としていた宮古島夏まつりが延期されたことにより、まつり内で実施予定だった第48代ミス宮古島発表会が同日に行えなくなったものの、14日から第47代から第48代…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!