02/04
2023
Sat
旧暦:1月14日 友引 癸 立春
産業・経済 社会・全般
2010年8月26日(木)14:58

予算、事業計画など承認/平良港整備促進期成会総会 

新年度予算案、事業計画案などを承認した定期総会=25日、宮古島商工会議所
新年度予算案、事業計画案などを承認した定期総会=25日、宮古島商工会議所

さらなる要請行動確認
 平良港整備促進期成会(会長・中尾英筰宮古島商工会議所会頭)の2009年度定期総会が25日、同会議所で行われ、2010年度の予算案、事業計画案など提案5議案を審議し、全会一致で承認した。
 

 あいさつで中尾会長は「平良港の整備については国もその必要性を認めたが予算化に向けてはまだ予断を許さない状況であり、今後も要請活動は必要。これからも手を取り合って国にしっかりと平良港の整備を訴えていこう」と呼び掛けた。

 
 2010年度の事業活動計画としては、大規模地震・災害発生時においても平良港で物資の安定供給を確保する必要性があるとし、耐震バース併用の早期整備を市や関係機関とともに要請活動を展開していくとしている。
 そのほか、09年度の事業報告、決算報告も承認された。

 
 総会後は、内閣府沖縄総合事務局平良港湾事務所の小早川弘所長が平良港の現状について報告。「皆さんの要請行動が国に通じて離島港湾に対する理解が深まった。国の直轄事業所としても平良港整備の必要性をこれからもしっかりと訴えていきたい」と述べた。
 

 市港湾課の下地康教課長は、来年度の国の予算化に向け、市としても2年前に改定した港湾計画の一部変更に向けた作業を現在進めていることを報告した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!