06/23
2024
Sun
旧暦:5月17日 先負 丁 
産業・経済
2012年6月12日(火)9:00

宮古産だけの品ぞろえ人気/「み~や」開店から1年

年間売上3700万円/単位面積では一般店の2倍


宮古特産品が豊富に並べられ好評を博している「み~や」=11日、宮古空港ターミナルビル

宮古特産品が豊富に並べられ好評を博している「み~や」=11日、宮古空港ターミナルビル

 宮古空港ターミナル2階の宮古島市特産品販売所「み~や」は、昨年6月10日のオープンから1年経過した。同6月から今年5月末まで1年間の売上高は3725万円、1カ月平均では310万円。同店を管理する空港ターミナル社企画室長補佐の宮国幹雄さんは「予想以上の実績。『み~や』は宮古島産だけだよ、という看板効果は、観光客を引き付ける力が強い」と感想。単位面積当たりの売上が、一般土産店の2倍近くあることも、宮古島産の魅力度の表れと強調する。


 売上点数が最も多かったのは菓子類の3万4826点(販売額1686万円)。2位が加工食品の1万8977点(同1152万円)、3位酒類6885点(790万円)の順だった。

 「み~や」の扱う商品はほかにも民芸品や生の農水産物などがあり、種類はかなりの数に及ぶ。生産者は開店当初の約40人から、現在は74人に増えた。

 加工食品は宮古みそや、かつおなまり節、ハーブ茶、クース、ジャム-など小規模生産者の自慢の品が豊富にそろう。中でもハーブ茶は10数種類あり、最近動きが良くなった。

 菓子は以前から知られる久松五勇士や博愛せんべい、バナナケーキの人気が根強い。売上点数は伊良部産の「うず巻きパン」が群を抜くという。

 酒はターミナル社オリジナルの「サシバ」シリーズが、最も売れた。

 宮国さんは「数ある商品の中から、宮古に行ったらあの商品を買うんだというヒット商品が出てくる」と期待する。

 「み~や」はアンテナショップの機能も持つ。客から意見を聞いて「こういうものは作れないか」などの提案もした。

 「み~や」は、宮古の特産品のPRや新商品開発、販路拡大などによる地域経済活性化支援を目的に設置した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!