01/23
2022
Sun
旧暦:12月21日 友引 丙 
教育・文化
2012年6月15日(金)9:00

海の「もしも」は118番/海上保安署

みつば幼稚園でスライドショー


海上保安庁のキャラクター「うみまる」が登場し、子どもたちを喜ばせた=14日、みつば幼稚園

海上保安庁のキャラクター「うみまる」が登場し、子どもたちを喜ばせた=14日、みつば幼稚園

 宮古島海上保安署(山中洋署長)は14日、市内のみつば幼稚園(与世田明美園長)で園児99人と教諭を対象にしたスライドショーと海洋環境保全に関する演劇を行った。子どもたちは、海の「もしも」の時は電話で「118番」にかけることを覚え、海上保安庁のキャラクター「うみまる」に歓声を上げていた。


 スライドショーのタイトルは「未来に残そう青い海」。海で遊ぶ時の注意点、海の危険生物の紹介と対処法、海上保安業務などを紹介した。

 巡視船「のばる」の福田直樹船長ら8人が分かりやすく教えた。

 海で遊ぶ時の五つの約束として▽一人では絶対に海に行かない▽何か浮く物を持って行こう▽安全な海で遊ぼう(監視員のいるネットの中)▽天気に注意しよう▽事故を見たり、事故に遭ったらすぐに助けを呼ぼう-を挙げた。

 海上保安庁の大きな三つの仕事として「一つ目は海の安全を守る(海では犯罪取り締まりや事故の救助活動など)、二つ目は海の情報提供、三つ目は海の交通安全(灯台などをつくったり船の交通安全監視など)である」と説明した。

 この後、クイズが行われ、子どもたちは元気いっぱいに答えた。保安官らは、満点に満足の表情を見せていた。


カテゴリー新着

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!