08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
スポーツ
2012年6月21日(木)9:00

初の全国大会出場へ/宮総実柔道部

創部2年目、県柔連が推薦


創部2年目で、これまでの活躍が評価され全国大会出場が決まった宮古総合実業高校柔道部

創部2年目で、これまでの活躍が評価され全国大会出場が決まった宮古総合実業高校柔道部

 宮古総合実業高校柔道部、創部2年目にして全国大会へ-。同校柔道部は昨年、主将の砂川海友君(2年)ら数人で創部。その後、これまでの宮古地区大会や県大会で好成績を収めたことが県柔道連盟に認められ、7月に福岡県で開催される「金鷲旗高校柔道大会」に推薦で出場することが決定した。前身の宮古農林、翔南を含め柔道で同校が全国大会に出場するのは初めて。


 同部は現在、全国大会に向け、派遣される7人を含めた13人の部員が熱のこもった練習に取り組んでいる。

 砂川主将は「中学から柔道を始めて全国大会出場は夢だったのでうれしい。全国レベルの柔道を肌で感じて宮総実に足りないものを学んできたい」と意欲を示した。

 金鷲旗柔道大会は、高校柔道日本一を決定する大会で、今年は7月21~24日まで、マリンメッセ福岡で開催される。同校柔道部は、昨年の宮古地区大会で好成績を収め、最近の県大会でも常に上位に進出する強豪校の豊見城や那覇西と互角の戦いをしてきたことが高く評価されて全国大会への推薦が決定した。

 昨年から同部を指導してきた顧問の下地清雄教諭は「生徒たちには勝敗は時の運もあるのでそれだけにこだわるのではなく日ごろの生活をきちんとして『心』を鍛えることを指導してきた。ほかの生徒たちの模範となればそれはよい結果にもつながる。全国大会では小さな離島でも一生懸命に頑張れば大きな舞台に立てるということを肌で感じてほしい」と述べた。

 全国大会派遣メンバーは全員2年生で、砂川海友(先鋒)、友利龍人(次鋒)、宮國敦己(中堅)、譜久村勝彦(副将)、上地真之助(大将)。補欠は羽地飛呂斗、具志堅雅貴。

 全国大会に向け、砂川主将は「主将としてしっかりと声を出してみんなを引っ張っていきたい。全国レベルの柔道に全力で立ち向かって悔いの残らない試合をしてきたい」と述べた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!