01/22
2022
Sat
旧暦:12月20日 先勝 乙 
政治・行政
2012年6月23日(土)9:00

PAC3配備改めて容認/下地市長

「きちんと対応当たり前」/上里氏「平和都市宣言に反する」/市議会一般質問



 
議事を中断させたことに対し議長と議員におわびする下地市長=22日、市議会議場

議事を中断させたことに対し議長と議員におわびする下地市長=22日、市議会議場

 下地敏彦市長は22日、北朝鮮ミサイル発射に備え宮古島市に地対空誘導弾パトリオット(PAC3)が配備されたことに対し、「想定の範囲内で、きちんとした対応をするのは当たり前である。宮古島の市長として市民の生命、財産を守るというのは第1次的に考えていかなければならない最重要課題だ」と述べ、政府の対応に理解を示した。同日行われた市議会一般質問で上里樹氏の質問に答えた。



 同質問の中で、上里氏が「市役所内の総務部長室は戦時体制のようだった」との発言に対し、下地市長が答弁を拒否する一幕もあったが、その後、下地市長が陳謝した。


 上里氏は、PAC3の配備は、戦争で多くの命が失われた悲惨な体験を忘れることなく平和の尊さを後世に伝えていくために宮古島市が宣言した「核兵器廃絶平和都市宣言」の理念に反するとして、下地市長の見解を求めた。


 下地市長は答弁で「非常時に対して万全の対策を取るということを理解していただきたい」と述べ、「平和都市」の理念に反しないと主張。「例えて言うなら空き巣狙いがいるのに、私の家は鍵を掛けていませんというわけにはいかない。空き巣がいるのならちゃんと鍵を掛けて、十分に備えることが必要である」と述べた。


 この日の一般質問には上里氏のほか、嘉手納学氏、下地智氏、高吉幸光氏、垣花健志氏の5人が登壇した。


 一般質問3日目25日に行われ、5人が登壇の予定。


カテゴリー新着

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!