04/17
2024
Wed
旧暦:3月8日 仏滅 庚 
教育・文化
2012年6月26日(火)9:00

沖縄人のルーツ学ぶ/久松小

国際理解で公開授業


「沖縄人はどこから来てどこに行くのか!」をテーマに行われた公開授業=25日、久松小学校

「沖縄人はどこから来てどこに行くのか!」をテーマに行われた公開授業=25日、久松小学校

 久松小学校(根路銘和子校長)で25日、6年生を対象にした国際理解教育の公開授業と教育講演会(主催・学習スキル研究会など)が行われた。琉球大学教育学部の善元幸夫非常勤講師が「沖縄人はどこから来てどこに行くのか!」の演題で授業を行い、子どもたちに対して世界に羽ばたく人材になることを呼び掛けた。


 この取り組みは、国際化の現代において子どもたちに国際感覚を持って生きる力を培うために異文化理解に立脚した国際理解教育の充実とグローバル対話力の育成を目的に行われた。

 公開授業で、善元さんは沖縄人、日本人のルーツについて生徒たちと対話をしながら楽しい雰囲気の中で授業を進めた。

 授業を通して善元さんは「自分たちの良いものをたくさん探し、日本と世界を知って世界に羽ばたく人材になってほしい」と話した。

 公開授業には、各小学校の教諭らも見学に訪れ、児童たちに質問し、対話の中に笑いを盛り込んだ善元さんの授業の進め方に真剣な表情で見入っていた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!