08/15
2022
Mon
旧暦:7月18日 赤口 庚 
イベント
2012年7月18日(水)9:00

クイチャーフェス11月4日に開催

実行委 出演団体の募集開始



者会見で第11回大会を告知する(左から)前里昌吾さん、下地暁さん、粟國和伸さん=17日、RBCサテライトスタジオ

者会見で第11回大会を告知する(左から)前里昌吾さん、下地暁さん、粟國和伸さん=17日、RBCサテライトスタジオ

 クイチャーフェスティバル実行委員会の下地暁委員長らが17日、RBCサテライトスタジオで会見し、11回大会を11月4日に開催することを発表した。会場はカママ嶺公園多目的広場を予定する。出演を希望する団体の受け付けも開始。下地委員長は「今年も初心を忘れず、島の未来に夢をはせながら取り組みたい」などと意欲を示した。




 第11回フェスティバルのサブタイトルは「んなまからまい んざがみまい 宮古ぬ思い」。これまで同様にクイチャー以外の伝統芸能も重視し、この部門の充実を図るほか、島外からの招へい団体として創作芸団レキオスの出演が決定している。また、八重山の竹富のクイチャーの関係者にも出演を打診している。


 大会参加部門は▽伝統クイチャー▽創作クイチャー▽その他(伝統芸能等)-の3部門。創作部門ではクイチャーをイメージさせる手拍子や跳ね上がる振りを演技の一部に取り入れることなどが基本ルールとして定められている(事前にビデオ審査あり)。


 演舞時間は伝統が5分以内で創作は4分以内、その他は5~6分以内とする。


 申し込み先はクイチャーフェスティバル実行委員会事務局(平良字西里973-1、RBCサテライトスタジオ内、電話75・5702)まで。問い合わせ先は同事務局か、パック宮古支社(73・3515、粟國和伸事務局長)まで。


 出場申し込みの締め切りは伝統の部が今月31日、創作の部は8月31日。


 会見で下地委員長は「11回大会まで迎えられるのは関係者一人ひとりの強い思いのおかげ」と感謝。粟國事務局長も「関係者の支えがあって開催できる。これからも20回、30回大会と続けていきたい」と話した。


 クイチャーフェスティバルは島の一大イベントして定着。前回第10回大会までの出演者は延べ1万2600人、観客は3万8700人を数え、毎年右肩上がりで推移している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

2022年8月14日(日)8:58
8:58

14日からの公務開始発表/第48代ミス宮古島

夏まつり延期で観光協会   宮古島観光協会の吉井良介会長らは12日、会見を開き、14日を開催日としていた宮古島夏まつりが延期されたことにより、まつり内で実施予定だった第48代ミス宮古島発表会が同日に行えなくなったものの、14日から第47代から第48代…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!