05/21
2024
Tue
旧暦:4月13日 仏滅 甲 小満
環境・エコ 産業・経済
2010年7月18日(日)14:53

1頭平均/前回並み32万5000円

前回並みの相場展開となった肉用牛臨時競り=17日、JAおきなわ宮古家畜市場

前回並みの相場展開となった肉用牛臨時競り=17日、JAおきなわ宮古家畜市場

待機牛、ほぼ解消/来月から通常開催へ
 宮崎県での口蹄疫発生を受け5、6月と中止していた宮古家畜市場の肉用牛競りは、8日に次いで今月2回目の臨時競りが17日開かれた。総販売額は1億7600万円で、1頭平均価格は前回比7000円高の32万5000円。平均キロ単価は1197円となった。

前回並みの価格に農家は安堵の表情を見せていた。今回の競りで待機牛はほぼ解消。来月からは定期競り(19日開催)に戻る見通し。

 
 臨時競りは、つなぎ場や輸送コンテナに限りがあるため2回に分けた。上場牛は、来月の競りで出荷適齢期(9~10カ月)を過ぎた牛が出ないよう月齢の高い牛を優先した。
 

 
 JAによると今回の競りには、生後12カ月未満の子牛551頭が上場され、544頭の取り引きが成立した。成牛の上場はなかった。

 
 雌子牛1頭を40万円の高値で売った砂川栄市さんは「前回値を下げ心配していたが、予想以上の価格に安心した。宮崎県の口蹄疫は今後発生がなければ、26日に終息が宣言される。来月の定期競りには、多くの購買者が訪れ値上がりすると期待している」と笑顔で話した。

 
 砂川さんの上場牛は、父を「北福波」に持つ優良牛。今回の競りでも系統や発育の良い牛は高値取引された。

 
 去勢の体重区分別の1頭平均価格は350~399㌔が44万8000円と最も高く、発育の良い牛は高く売れることが数字で示された。
 

 一方、「1頭32万円は安い。現状の価格で、経営を維持していくのは厳しい。農家は35万円を超えないと頑張る意欲出ない」と話す農家もいた。

 
 購買者らは価格低迷の要因に、口蹄疫の風評被害や不況による消費の落ち込みなどを挙げた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!