09/26
2022
Mon
旧暦:9月1日 先負 壬 
教育・文化 環境・エコ
2010年7月15日(木)15:41

大きくなって戻ってきて/南小5年生 タイワンガザミを放流

「大きく育って」と願いを込めながら稚ガニを放流する南小の児童たち

「大きく育って」と願いを込めながら稚ガニを放流する南小の児童たち

 南小学校(田場秀樹校長)の5年生98人は14日、平良トゥリバー地区のビーチで、タイワンガザミの稚ガニ5000匹を放流した。人工的に育てた稚ガニを自然に戻し、漁業の促進を図ることを目的とした市の事業のお手伝い。児童たちは「大きくなって戻ってきて」と願いを込め、波打ち際に放流した。
 
 稚ガニは、市海業センターで30日間育てられた。大きさは1㌢ほど。今年度初めての放流で、来年3月までに計25万匹を放流する計画。シラヒゲウニやタマンなども予定されている。

 
 長濱政治副市長も参加し、児童たちに「つくる漁業」の意義を説明。「『早く大きくなって』との気持ちを込めて放流して」と呼び掛けた。

 

放流されたタイワンガザミの稚ガニ

放流されたタイワンガザミの稚ガニ

 児童たちは2人一組となり、バケツに入った稚ガニを海に放した。
 池村璃久君は「大きくなって食べられると思うとかわいそうだが、私たちがおいしく食べればカニも喜んでくれると思う」と話した。放流した稚ガニは、1年で約13㌢の親ガニになるという。

 
 この日は、平良第一小学校の5年生も5000匹を放流した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年9月22日(木)8:56
8:56

空の日イベント開催/下地島空港で11月に

参加者を募集   下地島空港・空の日イベント2022が11月6日に同空港で開催される。下地島エアポートマネジメントとスカイマーク、PDエアロスペースが合同で開催。滑走路を歩くなどの3コースで計100人の参加者を募集している。対象はいずれも小学生以上で…

2022年9月21日(水)8:57
8:57

宮古島夏まつり中止に/実行委

県の行動制限要請を考慮   宮古島夏まつり実行委員会(会長・下地義治宮古島商工会議所会頭)は20日、24日に予定していた2022宮古島夏まつりを中止すると決めた。県が新型コロナウイルス感染防止対策で30日までを「社会経済活動を継続しながら医療を守るた…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!