03/04
2024
Mon
旧暦:1月24日 赤口 丁 
教育・文化 環境・エコ
2010年7月15日(木)15:41

大きくなって戻ってきて/南小5年生 タイワンガザミを放流

「大きく育って」と願いを込めながら稚ガニを放流する南小の児童たち

「大きく育って」と願いを込めながら稚ガニを放流する南小の児童たち

 南小学校(田場秀樹校長)の5年生98人は14日、平良トゥリバー地区のビーチで、タイワンガザミの稚ガニ5000匹を放流した。人工的に育てた稚ガニを自然に戻し、漁業の促進を図ることを目的とした市の事業のお手伝い。児童たちは「大きくなって戻ってきて」と願いを込め、波打ち際に放流した。
 
 稚ガニは、市海業センターで30日間育てられた。大きさは1㌢ほど。今年度初めての放流で、来年3月までに計25万匹を放流する計画。シラヒゲウニやタマンなども予定されている。

 
 長濱政治副市長も参加し、児童たちに「つくる漁業」の意義を説明。「『早く大きくなって』との気持ちを込めて放流して」と呼び掛けた。

 

放流されたタイワンガザミの稚ガニ

放流されたタイワンガザミの稚ガニ

 児童たちは2人一組となり、バケツに入った稚ガニを海に放した。
 池村璃久君は「大きくなって食べられると思うとかわいそうだが、私たちがおいしく食べればカニも喜んでくれると思う」と話した。放流した稚ガニは、1年で約13㌢の親ガニになるという。

 
 この日は、平良第一小学校の5年生も5000匹を放流した。


カテゴリー一覧

観光関係

2024年2月22日(木)8:59
8:59

市に地域創生金賞/楽天トラベルアワード

市長「知名度さらに」/2宿泊施設も高評価   楽天グループが運営する旅行予約サービス「楽天トラベル」はこのほど、国内の登録宿泊施設や自治体を表彰する「楽天トラベルアワード2023」を発表した。宮古島市が「楽天トラベル地域創生賞ゴールドアワード」を受賞…

2024年1月21日(日)8:57
8:57

トライ応援ツアー再開へ/観光協青年部

活動目標に「エンジョイ」   宮古島観光協会青年部(大嶺宣之部長)の第40回定期総会が20日、市内の飲食店で開かれ2024年度の事業計画や予算を決めた。事業計画では全日本トライアスロン宮古島大会応援バスツアーを5年ぶりに再開することなどが承認された。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!