04/13
2024
Sat
旧暦:3月5日 先勝 丁 
教育・文化 産業・経済
2010年7月13日(火)16:15

島の織物展が開幕/宮古織り反物など100点展示

宮古上布・宮古織で作った製品100点余が展示されている
宮古上布・宮古織で作った製品100点余が展示されている

 平良の西里通りで宮古島地域雇用創造協議会(砂川恵助会長)が運営する島の特産展示プラザ「はこにわ」で12日、「島の織物展~匠の手技 美しき 島の織り~」が開幕した。2011年度までに常設展示し、市民や観光客らに宮古上布・宮古織の素晴らしさをPRする。 
 更生労働省委託事業と地域雇用創造実現事業の一環。市民に宮古上布や伝統技術を活用した宮古織の作品展示・上布の歴史と技術や原料となる苧麻(ちょま)の特徴・希少性を紹介し、宮古島織物の商品開発と振興発展を図るのが目的。

 
 会場には、宮古上布や宮古織の反物、着物、夏用のシャツ、ネクタイ、バッグ、小物など100点余が展示されている。

 
 オープニングセレモニーで、砂川会長は「展示を契機に、宮古上布や宮古織の普及を図り、発展につなげたい」と決意を新たにした。
 

 宮古織物事業協同組合理事長の長濱政治副市長は「宮古上布は、稲石刀自という女性がが約420前の1583年に完成させたのが始まりとされる。その時から継承され、今は世界に誇れる上布である。今後は、バリエーションに富んだ製品化に取り組んでいきたい」と意欲を示した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!