06/22
2024
Sat
旧暦:5月16日 友引 丙 夏至
スポーツ
2012年8月23日(木)9:00

さらなる活躍に期待/宮古サッカー協会

県トレセン選手に奨励金



奨励金を受けた選手たち=22日、市陸上競技場会議室

奨励金を受けた選手たち=22日、市陸上競技場会議室

 宮古サッカー協会(宮国敏弘会長)は22日、サッカーの県トレセンメンバーに宮古から選ばれた8選手に奨励金を贈り、今後のさらなる活躍に期待を寄せた。





 今回、県トレセンに選ばれ奨励金を受けたのは、平良陸(平良中3年)、羽地航平(同2年)、亀山琉(同1年)、宮里優太(同)、親泊尚哉(北中1年)、友利怜央(東小6年)、善平輔(平良第一小6年)、野田一華(同5年)の8選手。寄贈は市陸上競技場会議室で行われ、宮国会長が一人一人に手渡した。


 受け取った選手たちは、「九州トレセン選考会を頑張りたい」や「練習を頑張ってなでしこジャパンに入りたい」、「離島からは宮古だけが参戦するので、プライドと自覚を持って練習に挑みたい」などそれぞれに今後の抱負を語った。


 宮国会長は「皆さんは宮古ジュニアサッカーのトップレベルと認められている。みんなから慕われる模範的な選手になってほしい。大健闘を祈っている」と選手を激励。選手保護者を代表して平良君の父・久夫さんが奨励金交付に感謝の思いを述べるとともに、選手に対し「県トレセンでは高い技術が学べると思う。ほかの子たちもトレセンに選ばれるようみんなを引っ張っていってほしい」と呼び掛けた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!