08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
イベント
2012年8月24日(金)9:00

汗の結晶、4団体に寄付/10RUN実行委 収益金35万円を

10RUN実行委の生徒たちが関係4団体に寄付金を贈呈した。中央が粟国委員長=23日、市社協平良支所

10RUN実行委の生徒たちが関係4団体に寄付金を贈呈した。中央が粟国委員長=23日、市社協平良支所

 「チャリティーフェスタ10RUN」の実行委員会は23日午後、宮古青年会議所など関係4団体に10RUNの収益金を寄付した。実行委の生徒たちは寄付金の有効活用を促すとともに、10RUNの趣旨に賛同した企業に感謝を込めた。




 10RUNは、高校生が企画・運営する慈善活動。1チーム30~40人の高校生が400㍍トラックをリレーで10時間走り続け、周回数に応じて各企業から募金を集めるという仕組みだ。今回の10RUNには約150人が参加し、合わせて1789周走って約35万円の収益金を得た。


 寄付金の贈呈を受けたのは、宮古青年会議所や市身体障がい者福祉協会平良支部、NPO法人宮古地区手をつなぐ育成会、同美ぎ島宮古島の4団体。市社会福祉協議会平良支所で贈呈式が行われ、10RUN実行委の粟国拓夢委員長が代表者に寄付金を手渡した。


 粟国委員長は「10RUNの当日は一時中断する場面もあったけど若い力で乗り切ることができた。ここまで継続できているのも地域や企業の皆さんの協力のおかげ。感謝を込めて寄付金を贈りたい」と話した。


 4団体を代表して宮古青年会議所JC杯少年野球大会実行委員会委員長の長嶺雄次郎さんが「今年はJC杯野球に岩手県宮古市の少年球児を招待した。その子どもたちを10RUNに呼んでいただいたことがとてもうれしかった。子どもたちにとっては本当に良い思い出になった。この寄付金の価値はとても重い。大切に使います」と感謝した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!