06/22
2024
Sat
旧暦:5月16日 友引 丙 夏至
イベント
2012年8月24日(金)9:00

汗の結晶、4団体に寄付/10RUN実行委 収益金35万円を

10RUN実行委の生徒たちが関係4団体に寄付金を贈呈した。中央が粟国委員長=23日、市社協平良支所

10RUN実行委の生徒たちが関係4団体に寄付金を贈呈した。中央が粟国委員長=23日、市社協平良支所

 「チャリティーフェスタ10RUN」の実行委員会は23日午後、宮古青年会議所など関係4団体に10RUNの収益金を寄付した。実行委の生徒たちは寄付金の有効活用を促すとともに、10RUNの趣旨に賛同した企業に感謝を込めた。




 10RUNは、高校生が企画・運営する慈善活動。1チーム30~40人の高校生が400㍍トラックをリレーで10時間走り続け、周回数に応じて各企業から募金を集めるという仕組みだ。今回の10RUNには約150人が参加し、合わせて1789周走って約35万円の収益金を得た。


 寄付金の贈呈を受けたのは、宮古青年会議所や市身体障がい者福祉協会平良支部、NPO法人宮古地区手をつなぐ育成会、同美ぎ島宮古島の4団体。市社会福祉協議会平良支所で贈呈式が行われ、10RUN実行委の粟国拓夢委員長が代表者に寄付金を手渡した。


 粟国委員長は「10RUNの当日は一時中断する場面もあったけど若い力で乗り切ることができた。ここまで継続できているのも地域や企業の皆さんの協力のおかげ。感謝を込めて寄付金を贈りたい」と話した。


 4団体を代表して宮古青年会議所JC杯少年野球大会実行委員会委員長の長嶺雄次郎さんが「今年はJC杯野球に岩手県宮古市の少年球児を招待した。その子どもたちを10RUNに呼んでいただいたことがとてもうれしかった。子どもたちにとっては本当に良い思い出になった。この寄付金の価値はとても重い。大切に使います」と感謝した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!