08/12
2022
Fri
旧暦:7月15日 先負 丁 
イベント
2012年10月6日(土)9:00

上地親子が1、2位独占/宮古牛100日肥育コン

増加体重は118㌔/3位は長浜国博さん


100日肥育コンテストで優勝した大海の上地良淳さん(左)と上地真誠さん。牛は「としこ」号=5日、JAおきなわ宮古家畜市場

100日肥育コンテストで優勝した大海の上地良淳さん(左)と上地真誠さん。牛は「としこ」号=5日、JAおきなわ宮古家畜市場

 14日に上野陸上競技場で開催される宮古牛まつりの関連行事「100日肥育コンテスト」の審査が5日、JAおきなわ宮古家畜市場で行われた。6月28日から100日間肥育された参加牛19頭の体重測定が行われた結果、「大海」所有の「としこ」号が118㌔の増加体重で優勝、2位も「大海」の所有牛「ふくのかみ」号で増加体重115㌔だった。


 コンテストは、宮古牛まつりの盛り上げや肥育技術の習得支援などを目的に開催されている。農家が子牛生産から肥育までを行う一貫経営の普及推進に向けた取り組みにも位置付ける。

 審査では、宮古島市やJAの職員が参加牛の1頭1頭の体重を丁寧に測定。全体の成績として、平均体重は490㌔。100日前の開始時(6月28日)の平均体重405㌔に比べると85㌔増えた。

 優勝した大海の「としこ」号は開始時525㌔から643㌔に、2位の「ふくのかみ」号は開始時441㌔から556㌔に増えている。3位は長浜国博さんの所有牛で増加体重は110㌔。

 大海で育成と肥育を担当する上地真誠さん(30)は「優勝は狙っていた。期間中は食い止まりをしないように気を付けた」と話し、優勝を喜んだ。

 父の良淳さん(56)は「台風が相次いだため、牛もストレスを抱えて増体量が落ちた」としながらも「優勝することができて良かった」と笑顔を見せた。

 上位入賞者は14日の牛まつりで表彰される。1位10万円、2位5万円、3位3万円の賞金も贈られる。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!