04/13
2024
Sat
旧暦:3月4日 赤口 丙 
産業・経済
2012年10月18日(木)9:00

伊良部大橋の効果着々

新築アパート増加/取付道路沿い
JAセルフ給油所オープンへ


久松中西側の伊良部大橋取付道路沿いにはアパートが建ち並ぶ=17日、久松地区

久松中西側の伊良部大橋取付道路沿いにはアパートが建ち並ぶ=17日、久松地区

 2015年1月開通予定の伊良部大橋効果が、着々と出ている。2010年11月には開通を見越して、国道390号バイパス沿いにイオンタウン宮古南ショッピングセンターがオープン。今年12月上旬ごろにはJAおきなわSSのセルフ給油所が開業する。久松中西側の取付道路一帯には、新築アパートが増えた。


 国道バイパスは、平良港と宮古空港を結ぶ交通の要所。加えて大橋が開通すると、交通量の大幅増加が確実視されている。

 宮古南ショッピングセンターを運営する琉球ジャスコは、国道バイパスが近い将来表通りになり、住宅も増えると予想し、センターの拡張に踏み切った。同エリアでは先月、ヤマダ電機が開業。12月には、ハンバーガーを主力商品とするファーストフード大手のマクドナルドがオープンする。

 宮古でセルフサービスの給油所は、JASSが初めてとなる。同社は、組合員の利便性や大橋開通後の交通量増加を考慮し、バイパス沿いを選定した。久松の住民らは「現在は近くに給油所がないために、市街地に行かざるを得ない。完成すれば便利になる」と歓迎する。価格は有人スタンドと比べ、少し安くなるという。

 久松中西側の取付道路の工事は06年から始まり、現在は舗装も施され、幅員13・5㍍(車道片側3㍍、歩道同3㍍、路肩同0・75㍍)の幅広い道路ができた。

 同所周辺でのアパート建設は4年ほど前から始まり現在までに、新築アパート10棟近くが完成した。ある家主は「来年は近くに新宮古病院が開院し、やがて伊良部大橋も開通する。近くには大規模ショッピングセンターがあり、空港へのアクセスも良い」と立地条件の良さを強調した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!