06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
産業・経済 社会・全般
2010年7月1日(木)14:08

観光地満足度 宮古島が全国6位/リピート意向は5位

消費者に良い経験の提供を/果実名産品 マンゴー28位 日経リサーチ(本社東京都)の「2008地域ブランド戦略サーベイ」によると、宮古島が観光地満足度ランキングの6位に入った。再訪問(リピート)意向は5位。宮古島産マンゴーは名産品(果実)の28位だった。
 観光地満足度の1位は西表島、2位竹富島、3位が石垣島。宮古島は立山(富山県)、北アルプス(長野県など)に次いで6位だった。 
 再訪問意向も1位は西表島、2位石垣島。宮古島は知床(北海道)、利尻・礼文島(同)に次いで5位。
 
 地域ブランドは①まずは知ってもらう②何らかの体験をして、何かに魅力を感じる③行きたい、住みたい、産品を買いたいなどの希望生成-の3段階を踏んで形成されるという。
 
 名産品ブランドも①と②は同じだが③(産品を買いたいという希望生成)が違う。
 
 果物の名産品ブランド1位は「山形さくらんぼ」、「石垣島パイナップル」が25位、「石垣島マンゴー」26位。「宮古島マンゴー」は28位だった。宮古島のマンゴーが石垣島を下回ったのは、観光地としての知名度や食経験の頻度によると推測される。
 
 日経リサーチは「ブランドの価値は提供する地域や生産者の側ではなく、受け手である消費者の側にある。名前を付けたり、シールを張ったりすることでブランドができるのではなく、消費者に良い経験が蓄積されることで、初めてブランドが生まれる。もちろんつくり手の自負は重要であり、その『想い』がなければ地域ブランド自体が成立しない」と話している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!