04/12
2024
Fri
旧暦:3月4日 赤口 丙 
産業・経済 社会・全般
2010年7月1日(木)14:08

観光地満足度 宮古島が全国6位/リピート意向は5位

消費者に良い経験の提供を/果実名産品 マンゴー28位 日経リサーチ(本社東京都)の「2008地域ブランド戦略サーベイ」によると、宮古島が観光地満足度ランキングの6位に入った。再訪問(リピート)意向は5位。宮古島産マンゴーは名産品(果実)の28位だった。
 観光地満足度の1位は西表島、2位竹富島、3位が石垣島。宮古島は立山(富山県)、北アルプス(長野県など)に次いで6位だった。 
 再訪問意向も1位は西表島、2位石垣島。宮古島は知床(北海道)、利尻・礼文島(同)に次いで5位。
 
 地域ブランドは①まずは知ってもらう②何らかの体験をして、何かに魅力を感じる③行きたい、住みたい、産品を買いたいなどの希望生成-の3段階を踏んで形成されるという。
 
 名産品ブランドも①と②は同じだが③(産品を買いたいという希望生成)が違う。
 
 果物の名産品ブランド1位は「山形さくらんぼ」、「石垣島パイナップル」が25位、「石垣島マンゴー」26位。「宮古島マンゴー」は28位だった。宮古島のマンゴーが石垣島を下回ったのは、観光地としての知名度や食経験の頻度によると推測される。
 
 日経リサーチは「ブランドの価値は提供する地域や生産者の側ではなく、受け手である消費者の側にある。名前を付けたり、シールを張ったりすることでブランドができるのではなく、消費者に良い経験が蓄積されることで、初めてブランドが生まれる。もちろんつくり手の自負は重要であり、その『想い』がなければ地域ブランド自体が成立しない」と話している。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!