02/08
2023
Wed
旧暦:1月18日 赤口 丁 
教育・文化
2012年11月1日(木)9:00

航海実習へ出港/宮総実2年生21人

東京や神戸など寄港


大勢の保護者や友人に見送られ航海実習に出発する実習生=31日、平良港第2埠頭

大勢の保護者や友人に見送られ航海実習に出発する実習生=31日、平良港第2埠頭

 宮古総合実業高校(下地盛雄校長)海洋科学科の海洋技術類型と海洋機関類型の2年生21人が31日、22日間の航海実習へ出港した。港には実習生の保護者や友人、後輩らが多数駆け付け、航海の安全を願って見送った。


 県立高校実習船「海邦丸五世」で行う今回の実習は31日に平良港を出発し、東京、神戸、那覇に寄港し、今月21日に平良港へ帰港する。乗船式で下地校長は「ぜひ頑張って、心も体も鍛えられて、元気な顔で帰ってきて」、金城勝船長は「一日も早く船での生活に慣れて、船のことを一つでも多く学んでほしい」と実習生たちを激励した。

 実習生を代表して譜久村勝彦君が「初めての航海実習で期待と不安の気持ちで心がいっぱいだが、みんなと一緒に勉強をしながら、思い出を作りながら頑張っていきたい。帰ってきたころには体も心も一回りほど大きくなっていると思う」と抱負を語った。

 わが子や友人を見送りに来た保護者や生徒たちは、カラフルな紙テープで実習生を送り出すとともに航海の安全を願った。乗船式の前には宮古島に残る同校海洋科学科の1、2年生が同校伝統の「スタンバイ」を披露。「ゴーヘイ、ゴーヘイ」の力強い掛け声で実習生を激励した。


カテゴリー一覧

観光関係

2023年2月2日(木)8:58
8:58

12月観光客数は6万2179人/宮古島市

最多の19年度に次ぐ多さに 市観光商工課は1月31日、2022年12月の宮古島市への入域観光客数について、前年同月比1万3952人増の6万2179人だったと発表した。12月としての最多を記録した19年度の7万6621人には届かなかったものの、それに続く18年度…

2023年1月31日(火)8:58
8:58

きょう、開通から8年/伊良部大橋

宮古の観光産業をけん引   宮古本島と伊良部島を結ぶ伊良部大橋は、きょう31日で開通から8年を迎える。すっかり島民の生活路線として定着した大橋だが、宮古地区全体で飛躍的な伸びを示す観光産業のけん引役として内外の注目を集める。伊良部島、下地島では官民一…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!