08/13
2022
Sat
旧暦:7月16日 仏滅 戊 
環境・エコ
2012年11月8日(木)9:00

サシバ8620羽をカウント/県自然保護課まとめ

悪天候で過去2番目に少なく


大空を舞うサシバの群れ(資料写真)

大空を舞うサシバの群れ(資料写真)

 県環境部自然保護課は6日、寒露の10月8日から同21日までの2週間、伊良部島と宮古島で行ったサシバの飛来数調査結果を発表した。カウント数は8620羽と調査を開始した1973年以降、2001年の8386羽に次いで2番目に少なかった。伊良部島で7917羽、宮古島で703羽をカウントした。


 飛来数が最も多かったのは21日の2313羽。次いで20日の2325羽、9日の2150羽、19日1108羽-の順に多かった。

 台風21号の影響で16~18日の伊良部のカウント数はゼロ。伊良部では調査した14日間のうち、9日間は100羽を下回った。減少の要因に▽台風の影響や大雨▽悪天候で調査がうまくいかなかった-ことなどを挙げた。

 サシバは日本列島で繁殖し、越冬のため東南アジアに向かう途中、伊良部島と宮古島で羽を休める。

 カウント数の分析からは繁殖地の状況や繁殖の実態、繁殖と人の関わりをある程度推測できるという。

 自然保護課によると、野鳥の会は、サシバの休息環境を良くするために止まり木(リュウキュウマツやモクマオ)の保護や植栽を提案している。

 調査は宮古野鳥の会(仲地邦博会長)と県自然保護課、宮古島市がタイアップして毎年行い、伊良部中や伊良部高校、宮古島署も参加している。自然保護課は「生徒の参加は、環境教育の面でも意義深い」と評価している。

 伊良部島での調査は県自然保護課や市、伊良部中、伊良部高校、宮古島は野鳥の会と市みどり推進課が担当した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月11日(木)8:57
8:57

2次交通不足解消に期待 実証運行スタート/ループバス

  宮古島の観光名所などを巡る宮古島ループバスの2022年度実証運行が10日、スタートした。来年2月28日まで。最近のレンタカー、タクシー不足による2次交通問題が深刻化していることに対応するもので観光客の移動手段確保などに期待がかかる。

2022年8月9日(火)8:58
8:58

毎週土曜に「シギラ花火」

夏の夜空を彩る/9月末まで   シギラセブンマイルズリゾートの「シギラ花火」が6日、上野宮国のシビラビーチ周辺で行われた。毎日暑い日が続く今年の夏。会場では観光客や地域住民が夜空を彩る花火を見ながら楽しいひとときを過ごした。 今年のシギラ花火は、児童…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!