04/25
2024
Thu
旧暦:3月16日 赤口 戊 
社会・全般
2012年11月13日(火)9:00

真喜屋さん厚労大臣賞

長年精神科医療に尽くす


創立150周年を機に感謝と決意を述べる照屋会長。一層の地域振興を誓った=11日、比嘉公民館前広場の特設ステージ

創立150周年を機に感謝と決意を述べる照屋会長。一層の地域振興を誓った=11日、比嘉公民館前広場の特設ステージ

 精神保健福祉事業功労で厚生労働大臣表彰を受けた真喜屋浩さん(真喜屋精神神経科院長)を祝福する集いが12日、宮古福祉保健所であった。真喜屋さんは、1996年にも厚生大臣表彰(生活保護行政功労)を受けており今回は2度目。精神科医として過去40年間歩んできた活動が、認められた。


 集いには、宮古福祉保健所と市役所職員らが出席した。

 真喜屋さんは77年に宮古病院の精神科に赴任し、83年には50床の解放病棟を増設した。医師も1人から3人に増員。看護職員も2倍に増やすなど、劣悪だった精神科医療環境を改善した。

 精神障害者家族会を再結成し、同会の育成に寄与。保健所職員と精神科医師・看護師合同の精神科巡回診療をスタートさせた。宮古病院長や保健所長も歴任。真喜屋さんは情熱的な行動で、宮古の精神医療の基礎を築いた。

 現在は精神科診療所やグループホームを開設し、地域精神医療や精神保健福祉に尽くしている。

 市福祉保健部の豊見山京子障がい福祉課長は「長年にわたり家族会を育成したことが、現在の地域活動支援センター若葉やサシバ、やすらぎの基礎になっている」と、真喜屋さんの実績を評価。その上で、今後とも地域保健福祉向上に一層活躍するようにと祈念した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月21日(日)8:54
8:54

「宮古横丁」がプレオープン/観光スポットに期待

ホテルアートアベニュー 平良西里にあるホテルアートアベニュー(旧ホテル共和別館)の1階に、タイ料理など7店舗が入る「宮古横丁」が19日、プレオープンした。経済団体や観光団体など関係者らが盛大に開業を祝った。

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!