04/20
2024
Sat
旧暦:3月12日 友引 甲 
教育・文化 社会・全般
2010年6月23日(水)15:55

「身近なところをきれいに」/掃除に学ぶ会 

掃除に学ぶ会が手作りのごみ袋設置台を寄贈した

掃除に学ぶ会が手作りのごみ袋設置台を寄贈した

南小にごみ袋設置台を寄贈
 宮古島掃除に学ぶ会(佐和田功代表世話人)は22日、南小学校に、手作りの「ごみ袋設置台」を寄贈した。佐和田世話人は「身近なところからきれいにすることで宮古島全体、地球全体の環境を守ることにつながる。ぜひ利用して」と呼び掛けた。


 
 同校は児童会の栽培委員の提案で、全校児童579人が道路に落ちているごみを一つ拾って登校する「クリーンエコ作戦」を展開している。
 
 贈呈式には全校児童が出席。「これからも学校や地域をきれいにするため、進んでごみを拾っていきます」と環境美化活動に決意を示した。

 
 田場秀樹校長は「身近なところをきれいにする活動が宮古島全体に広がっていく。きれいな街づくりを目指していきましょう」とあいさつした。
 
 ごみ袋設置台には「わたしたちの街をきれいにしましょう」「一日一個で未来が変わる」とエコ作戦の理念を表記。燃やせるごみと資源ごみに分別できるようにした。四隅の突出したピンに、ごみ袋を掛ければごみ箱に早変わり。一目でごみの量が分かるように工夫した。
 同校ではさっそく正門を入ったピロティに設置した。
 
 宮古島掃除に学ぶ会は、トイレを中心に掃除を行うことで、自分自身と向き合いながら心も磨くという目的で各学校などで活動を展開している。南小の活動を耳にした同会が「われわれの目的と合致する」として今回、寄贈を思い立ったという。
 
 同会では、この設置台を要望がある学校に寄贈する。連絡先は同会事務局(電話76・6070、パラダイスプラン内)まで。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!