08/12
2022
Fri
旧暦:7月15日 先負 丁 
イベント
2012年11月25日(日)9:00

精神障害に理解を/こころの健康フェスタ開催

展示即売で交流


各事業所の自慢の加工品や手作りの小物などが展示即売されたこころの健康フェスタ=24日、市中央公民館

各事業所の自慢の加工品や手作りの小物などが展示即売されたこころの健康フェスタ=24日、市中央公民館

 「こえてゆけ そのとびら 心のとびらを」をスローガンにしたこころの健康フェスタ(主催・宮古地区精神保健福祉普及月間実行委員会ほか)が24日、市中央公民館で開かれた。精神障害者支援施設などの利用者が作製した製品などを展示即売。舞台発表や活動紹介などを通して、心の健康や精神障害者の地域支援について理解を深めた。


 今月1日から展開されている精神保健福祉普及月間の一環。会場には各施設の利用者たちが育てた野菜や手作りの小物、工芸品、加工品などを並べたり、各事業所の活動をパネルや写真で紹介。訪れた市民と交流を深めながら精神障害者への理解や啓発を推進した。

 舞台では、各事業所が歌や踊り、三線演奏など趣向を凝らした出し物を披露し盛り上げた。

 地域活動支援センター「やすらぎ」は利用者が栽培したダイコンやチンゲンサイなどの野菜を即売。市価より安く、無農薬とあって飛ぶように売れていた。平良清栄所長は「堆肥を使って育てた。環境にも良いと思う」と話した。

 就労移行支援事業所「くこりもや」は、利用者が開発した菓子やドレッシングなどを並べた。

 人気商品の一つ「らっきょ味噌」は、試食もできるとあって多くの市民が買い求めていた。

 利用者の与古田康友さんは「手作りの味はおいしいですよ」とPRに努めていた。

 友人と訪れた女性は「野菜は新鮮で、手作りの品も豊富。出展者と同じような施設に勤務しているので、取り組みを参考にしたい」と話した。

 実行委員長の松川英文さんは「交流や情報交換などを通して、心の健康や精神障害者の地域支援について理解が深まれば」と開催の意義を強調した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!