08/17
2022
Wed
旧暦:7月20日 友引 壬 
イベント
2012年12月2日(日)9:00

創造性、感性光る/糸車ファッションショー

57作品がステージ彩る


満員の観客が創造性あふれるファッションショーを楽しんだ=1日、ぱいながまホール

満員の観客が創造性あふれるファッションショーを楽しんだ=1日、ぱいながまホール

 第3回糸車ファッションショーが1日午後、平良のぱいながまホールで開催された。伝統の宮古上布、宮古織りを含めて57点が披露され、宮古の服飾デザイナーの創造性あふれる作品がステージを華やかに彩った。会場を埋め尽くした観客は作品からあふれるデザイナーの個性に感嘆した。


 宮古の服飾デザイナーでつくるファッションクラブ糸車が主催。感性豊かなデザイナーの育成や、宮古的な衣文化の創造と普及を目的に開催した。テーマは「輝く宮古伝統文化の創成」。

 ファッションショーの冒頭、糸車の渡久山和子代表は「宮古上布、宮古織りの普及発展はもとより、若手後継者の育成にも心掛けている」と日ごろの活動を紹介。その上で「宮古工業の生徒を含め、地元デザイナーの感性が生かされた創造性豊かな作品を準備している」と話し、宮古の服飾デザイナーの感性と技術を堪能するよう呼び掛けた。

 来賓で訪れた下地敏彦市長は「宮古上布、宮古織りの作品をじっくりと見てほしい」と述べ、伝統文化の継承発展に対する市民の理解を求めた。

 この後、ショーがスタートした。沖縄本島から招待したプロのモデルをはじめ児童生徒を含む男女がモデルを務め、出品したデザイナーの作品を披露した。

 宮古上布、宮古織りによるシンプルなかりゆしウェアやシックなワンピースが発表される中、強烈な個性を放つパーティードレスや豪華なロングドレスなども紹介された。ステージ上の歩き方の指導を受けたモデルの皆さんは、デザイナーの個性あふれる作品を存分にアピールしていた。

 観客の視線はステージ上のモデルにくぎ付け。伝統の宮古上布と宮古織りを生かしつつ、斬新なデザインで個性を発揮する作品に拍手喝采した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

2022年8月14日(日)8:58
8:58

14日からの公務開始発表/第48代ミス宮古島

夏まつり延期で観光協会   宮古島観光協会の吉井良介会長らは12日、会見を開き、14日を開催日としていた宮古島夏まつりが延期されたことにより、まつり内で実施予定だった第48代ミス宮古島発表会が同日に行えなくなったものの、14日から第47代から第48代…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!