07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
産業・経済
2012年12月18日(火)9:00

8業者の出荷量12・3㌧/養殖海ブドウ11年実績

前年比で1㌧の減


海ブドウ実績/新城

海ブドウ実績/新城

 宮古地区の8業者が2011年に養殖した海ブドウ(和名・クビレズタ)の出荷量は12・3㌧となった。前年と比べ、約1㌧の減。県宮古農林水産振興センター農林水産整備課漁港水産班が、このほどまとめた。高野海ぶどう生産組合の長崎輝義会長によると、キロ当たりの卸値は、3500円程度。これを元に試算すると、販売額は約4300万円になる。


 長崎会長は、減産の要因に9~11月にかけた生育不良を挙げる。秋口からの収量減は、3年前から見られる現象。長崎会長は対策はつかめつつあるとし、来年以降の回復に期待する。

 長崎会長の販売先は、本土が7割を占める。居酒屋が10カ所、築地の仲買業者にも出している。10年に5割だった本土出荷は、11年は7割と増える傾向。取引先に品切れの迷惑を掛けないようにと、収穫が少ない時は同業者に融通してもらうなど、協力し合っている。観光で訪れた際に、買ったリピーター客も1割と多い。

 長崎会長の現在の経営規模は、130平方㍍の3ハウス。現在の規模では、注文を充たしきれない状況が予想されるため、2ハウスを増設する経営目標を示す。

 海ブドウの別名は、「グリーンキャビア」。ネットでは「100㌘1980円」「1㌔9980円」と価格表示されるなど、高級食材として流通している。

 養殖技術は宮古で開発され、その後沖縄本島に渡った。04年に「里帰り」し宮古で養殖が始まった。長崎会長が栽培している品種は宮古産で、粒が大きくて粒ぞろいもいい。「今後、一層品質を向上させブランド化を目指したい」と意気込みを見せる。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!