08/08
2022
Mon
旧暦:7月11日 大安 癸 
産業・経済
2012年12月26日(水)9:00

社長に下地市長選任/コーラル社臨時総会

職員の販売努力促す


コーラル社の新役員体制を承認した臨時株主総会=25日、市下地庁舎

コーラル社の新役員体制を承認した臨時株主総会=25日、市下地庁舎

 アロエベラ製品などを製造販売している第3セクター、コーラル・ベジタブル社は、砂川佳一代表取締役会長の退任を受けて25日、市下地庁舎で臨時取締役と臨時株主総会を開き、後任の代表取締役社長に下地敏彦市長を選任した。砂川代表取締役会長は、任期満了と体調不良を理由に代表職を退き取締役会長に就任した。米田隆己常務は、再任された。


 社員も参加した総会の席で、下地社長はコーラル社の経営内容について「人件費や水道光熱費、その他もろもろの費用が1カ月に600万円発生しているのに、収入は350万円しかなく残りが赤字になっている」と指摘。社員に対し「会社を存続させるためには、職員全員の販売努力しかない。自分は販売担当ではないからという考えは、通用しない。親せきや友人、あらゆる場所で製品を宣伝し、1個でも2個でも多く売り込んでほしい」と奮起を促した。

 会社の経営再建に向けては、必要資金などを含めて、関係機関と相談しているとし、「近いうちにいい(再建案の)話をしたい」と今後の大まかな段取りを示した。

 砂川会長は、コーラル社は、下地市長をリーダーに新たなスタートを切ったと強調した。「再建すれば、アロエベラを国内に発信できる企業、世界に誇れる中小企業になる。宮古にとって産業振興に不可欠な施設であり、若者の雇用の場にもなる」と存在意義を述べた。

 経営悪化の要因については、2300万円の不良債権があったことや、製缶機の購入に伴い、5000万円の借金ができたことを挙げ、その支払いや赤字などのために資金繰りが悪化し整理倒産状態に陥ったと説明した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!