07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
産業・経済
2013年1月19日(土)9:00

沖糖、粗糖を初出荷/今期1万5000㌧見込む

船倉に流し込まれる沖糖の初荷粗糖=18日、平良港

船倉に流し込まれる沖糖の初荷粗糖=18日、平良港

 今月8日に2012-13年産サトウキビの製糖操業を開始した沖縄製糖宮古工場は18日、製品の粗糖(原料糖)を初出荷した。工場から出荷された粗糖は、平良港に停泊している船の船倉に流し込まれた。計1500㌧の粗糖を積み込む船は19日午後、愛知県名古屋に向けて出港する。沖糖は今期、約1万5670㌧の粗糖出荷を見込んでいる。


 粗糖は、サトウキビの絞り汁を下処理した後に結晶化し、さらに遠心分離機を用いて糖蜜を分離した後に残る結晶。宮古の製糖工場から出荷された粗糖は本土の製糖会社が精製し、「砂糖」として商品化する。

 沖糖の粗糖出荷は午前9時ごろから行われ、船倉に流し込まれる粗糖は周辺に甘い香りを漂わせた。船が停泊する平良港には粗糖を積んだトラックがひっきりなしに行き交った。
 積み込みはきょう19日まで行われる。

 粗糖の原料となるサトウキビは17日現在、沖糖に1万4735㌧搬入されている。平均糖度は14度。品質はさらに上昇する見通しだという。

 糖度区分の内訳は基準糖度(13・2~14・4度)帯のサトウキビが49・11%と最多で、次に基準糖度以上の高品質が31・49%、基準以下は19・40%。1㌧当たりの農家所得は平均2万1239円。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!