02/08
2023
Wed
旧暦:1月18日 赤口 丁 
スポーツ
2013年1月26日(土)9:00

一周駅伝きょう号砲/市郡対抗

久貝主将「全力で走る」と宣誓


開会式で選手宣誓する宮古島市の久貝貴之主将=25日、県立武道館

開会式で選手宣誓する宮古島市の久貝貴之主将=25日、県立武道館

 第36回沖縄一周市郡対抗駅伝競走大会が26、27の両日、沖縄本島をほぼ一周するコースで開催される。県内14市郡の代表が30区間292・5㌔で健脚を競い合う。前回2位の宮古島市選手団は25日に出発。「今年こそ優勝を勝ち取る」と決意している。同日行われた開会式では宮古島市の久貝貴之主将が全出場選手を代表して選手宣誓を行い「全力で走り抜く」と誓った。

 レースは午前7時にスタート。初日は奥武山陸上競技場を出発し、国頭村までの道のり(往路)で14市郡の代表が競う。

 宮古島市選手団の出発式は宮古空港で行われ、久貝主将に団旗を授与した与儀団長は、「一人一人が目標に向かって走り、それぞれの自己ベストを出し、この宮古に優勝旗を持ち帰ってほしい」と述べた。

 久貝主将は「前回は2位という成果を挙げた。今年は優勝して皆さんに良い報告をしたい」と話した。

 最後に市陸上競技協会の多良間勉副会長が「今年は優勝を目指す戦い。選手と役員が心を一つにして大会に臨んでほしい。宮古島市の代表選手であるという誇りを持って、楽しみながら優勝を目指してほしい」と力強く激励した。

 選手団は同日夕の開会式に参加。選手宣誓した久貝主将は「市郡区代表の誇りと名誉のために、一本のたすきに気持ちを込め、全力で走り抜く」と宣誓した。


カテゴリー一覧

観光関係

2023年2月2日(木)8:58
8:58

12月観光客数は6万2179人/宮古島市

最多の19年度に次ぐ多さに 市観光商工課は1月31日、2022年12月の宮古島市への入域観光客数について、前年同月比1万3952人増の6万2179人だったと発表した。12月としての最多を記録した19年度の7万6621人には届かなかったものの、それに続く18年度…

2023年1月31日(火)8:58
8:58

きょう、開通から8年/伊良部大橋

宮古の観光産業をけん引   宮古本島と伊良部島を結ぶ伊良部大橋は、きょう31日で開通から8年を迎える。すっかり島民の生活路線として定着した大橋だが、宮古地区全体で飛躍的な伸びを示す観光産業のけん引役として内外の注目を集める。伊良部島、下地島では官民一…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!