12/09
2022
Fri
旧暦:11月16日 友引 丙 
スポーツ
2013年2月3日(日)9:00

宮高女子凱旋、V報告/県高校新人駅伝

次の目標は「都大路」


新人駅伝で優勝し凱旋した宮高女子駅伝部=2日、宮古空港

新人駅伝で優勝し凱旋した宮高女子駅伝部=2日、宮古空港

 駅伝の県高校新人大会で優勝した宮高女子駅伝部が2日夕、帰島した。空港には学校関係者が駆け付けて初めての優勝を祝福。「次は都大路(全国)を目指して頑張れ」と激励した。


 宮高は1日、今帰仁村で開催された大会で優勝。全員が区間2位以内の走りを見せ、2位のコザに1分20秒以上の差をつけて初優勝を飾った。競争距離は5区間21・0975㌔。宮高の優勝タイムは1時間22分1秒だった。

 空港に到着したメンバーは優勝旗を手に凱旋。宮國実香子主将から、祝福に訪れた前主将の中曽根紫都さんに優勝旗が手渡された。

 宮國主将は「優勝旗を持ち帰ることができた。だけど都大路に向けて第一歩を踏み出したにすぎない。11月の県大会では絶対に全国の切符を手にしたい」と優勝の喜びもつかの間に気持ちを引き締めた。

 真栄田義尚監督は「学校や父母、地域の協力があっての結果。初めて優勝旗を宮古に持ち帰ることができた」と感謝。その上で「これからは追われる立場。11月の県大会で優勝するために頑張りたい」と話した。

 同校PTAの奈良俊一郎会長は「普段の努力の結果が優勝につながった。次は夢の全国に向けて頑張ってほしい」と激励した。

 前主将の中曽根さんは「優勝旗を渡されたときは涙が出そうになった。後輩たちの頑張りが本当にうれしい。次は都大路に行ってほしい」と期待を込めた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!