06/19
2024
Wed
旧暦:5月14日 赤口 甲 
イベント
2013年2月17日(日)9:00

渡久山さん(伊良部出身)凱旋公演へ/劇団四季

「王様の耳」で主役/3月9日追加公演決定


宮古での追加公演が決定したことを報告し、多くの来場を呼び掛ける渡久山さん=16日、宮古毎日新聞社

宮古での追加公演が決定したことを報告し、多くの来場を呼び掛ける渡久山さん=16日、宮古毎日新聞社

 劇団四季のミュージカル「王様の耳はロバの耳」で主役の「床屋」を演じる伊良部仲地出身の俳優、渡久山慶さんが16日、宮古毎日新聞社を訪れ、3月8日の宮古公演に引き続き同9日に追加公演が決定したことを報告するとともに、同ミュージカルに掛ける意気込みと俳優としての今後の抱負などを語った。渡久山さんは「見ている人を惹きつけるような存在感のある役者を目指したい」と述べ、宮古公演への多くの来場を呼び掛けた。2日間とも会場はマティダ市民劇場。



 渡久山さんは伊良部高校卒業後、大阪の大学に進学。大学在籍中に劇団四季のミュージカル「美女と野獣」の観劇をきっかけにして、入団を決意し2008年10月のオーディションに合格した。09年、「トロイ戦争は起こらないだろう」で初舞台を踏み、「エクウス(馬)」のナジェット役、「ハムレット」のフォーティンブラスなどの役を演じ、11年11月に「王様の耳はロバの耳」で主役床屋の役を射止めた。

 今回の宮古公演は同劇団入団後、初の凱旋公演となったため、故郷伊良部での反響は大きく、3月8日の公演チケットは発売と同時に完売した。このため、同劇団では追加公演を検討し、翌9日に追加開催することを決定した。

 渡久山さんは「入団5年目にして大役を与えられたことをうれしく思う。宮古公演は故郷での初舞台ということもあり、多少緊張しているが、応援してくれる多くの人たちのためにも、自分を信じて一生懸命演じたい」と述べた。

 また、「今回の凱旋公演はたくさんの人たちの協力に助けられた。感謝の気持ちで落ち着いて舞台に臨みたい」と話した。

 ミュージカル「王様の耳はロバの耳」について渡久山さんは、「誰でも知っている童話をモチーフにしながら、主人公床屋の優しく強い正直者が、本当のことをいう勇気を描いた作品。最後にどのような展開が待っているのかというラストシーンに向かうまでの場面展開に見どころがある」と解説した。

 追加公演チケットの販売はきょう17日午前10時から、TSUTAYA宮古島店と伊良部まるきスーパー裏のヨガ教室で販売する。 問い合わせ先は宮古島市文化振興友の会(電話090・1944・9033)まで。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!