08/10
2022
Wed
旧暦:7月13日 先勝 乙 
政治・行政
2013年3月13日(水)9:00

分散型の建設を要請/県営公園促進協

下地・上野地区2カ所に/下地市長ら与世田副知事に


与世田副知事(左)に下地市長(正面左から2人目)が県営広域公園を下地地区と上野地区に分けて2カ所に建設するよう要請した。=12日、県庁副知事室

与世田副知事(左)に下地市長(正面左から2人目)が県営広域公園を下地地区と上野地区に分けて2カ所に建設するよう要請した。=12日、県庁副知事室

 【那覇支社】県営広域公園(宮古総合運動公園)誘致促進協議会(会長・下地敏彦市長)の要請団が12日、県庁に与世田兼稔副知事を訪ね、県が建設を予定する宮古での広域公園を下地地区と上野地区の2カ所に分けて建設するよう要請した。要請団は市が予め作成した完成予想図案を示しながら、運動公園を併設した公園の建設を求めた。完成予想図案が公にされるのは今回が初めて。


 要請で下地市長は冒頭、宮古島の県立公園整備を要望してきた結果、今年度、県が800万円の調査費を計上したことに対し感謝の意を表した。

 下地市長は「スポーツアイランドが宮古島のテーマなので、運動公園のイメージで整備をお願いしたい」と述べた上で、「一カ所にまとめるには宮古の土地は狭すぎる。分散型にして、上野、下地の2カ所の地域に建設をお願いしたい」と要望した。

 これに対し与世田副知事は「県は公園整備に関しては白紙の状態だ」としながらも、「皆さんの要望を受けて県内では唯一、県営公園のない宮古島での公園のあり方について検討する」と述べ、今後の企画や調査の中で、地元意向の具体的なイメージも取り入れていく姿勢を見せた。

 要請団は同2地区で企画した完成予想図案を与世田副知事に説明した。

 説明を受けた与世田副知事は「宮古の人たちは進取の精神に富んでいる。図面を見て、そのエネルギーとパワーに圧倒された。先々に計画を立て実現していく。その企画力に驚かされたくましさすら感じる」と述べ、促進協の示した図案を参考にし、県事業を進めていくことを伝えた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月6日(土)9:00
9:00

ANA就航30周年祝う/宮古島路線

大阪伊丹の復活運航開始   全日本空輸(ANA、本社・東京、井上慎一社長)の宮古島路線の就航30周年を祝う記念セレモニーが5日、宮古空港で行われた。式典にはANAの関係者や就航当時の制服を着た職員、座喜味一幸市長らも参加し、盛大に祝うとともに、関係者…

2022年8月6日(土)8:59
8:59

水上バイク事故が増加/水難事故22年上半期

宮古島署「海のレジャーに注意」   宮古島警察署(仲宗根宗信署長)は5日、2022年上半期の水難事故発生状況をまとめた。それによると発生件数は8件(事故者12人)で2人が死亡している。前年同期比で7件(同10人)増となっている。特に水上バイクの水難事…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!