06/17
2024
Mon
旧暦:5月11日 先負 辛 
イベント
2013年3月19日(火)9:00

2周年で多彩な催し/宮古島海中公園

家族連れら1000人が来園


2周年記念イベントで行われたマグロの解体ショーは大きな人気を集めていた=17日、宮古島海中公園

2周年記念イベントで行われたマグロの解体ショーは大きな人気を集めていた=17日、宮古島海中公園

 宮古島海中公園で17日、開園2周年を記念する催しが行われた。この日は海中観察施設への入園料も割安とあって家族連れや観光客ら約1000人が同園を訪れ、海中施設内での民謡ライブやマグロ解体ショーなどの多彩なイベントを楽しんだ。


 約30㌔のキハダマグロの解体ショーには多くの来園者が集まり、手際よくさばかれていく様子をカメラなどに収めていた。


海中観察施設の幻想的な雰囲気の中で民謡ライブが行われた

海中観察施設の幻想的な雰囲気の中で民謡ライブが行われた

 池間萌々ちゃん(西城小4年)は「初めて見た。さばいている時に『パキパキ』とかいろいろな音がした。とてもすごくて面白かった」と話した。

 さばかれたマグロは施設内の軽食食堂「海遊」で新メニュー「ポキ丼(マグロぶつ切りに味付けした丼)」として特別価格で販売された。

 観察施設入り口前のテラス広場には「ふわふわ遊具」が設置され、子どもたちはトランポリンやすべり台などを歓声を上げながら楽しんだ。

 宮古島海中公園は2011年4月5日にプレオープンし、来園者数は同月17日に1万人、10月15日に5万人、12年7月14日に10万人を達成した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!