08/15
2022
Mon
旧暦:7月18日 赤口 庚 
産業・経済
2013年3月26日(火)9:00

きょう搬入を終了/沖糖宮古工場

糖度は15度に迫る勢い


きょう搬入を終了する沖縄製糖宮古工場=25日、下地上地

きょう搬入を終了する沖縄製糖宮古工場=25日、下地上地

 沖縄製糖宮古工場は26日午後、2012-13年産サトウキビの製糖操業における原料(サトウキビ)の搬入を終了する。操業を開始した1月8日からの累計搬入量は13万4000㌧が見込まれ、平均糖度は15度に迫る勢い。同工場管内のサトウキビは生産量、品質ともに豊作が確実となった。



 同工場によると、24日現在の操業実績は搬入量が13万2873㌧で過去10年で3番目に多い。平均の糖度は14・94度。糖度の内訳は基準となる糖度(13・2~14・4度)が26・80%、基準以上が67・26%を占める内容となっており、高品質の原料取引が続いている。

 サトウキビ1㌧当たりの農家手取り額は、国の交付金を含めて2万2329円の高値がついている。

 今期の搬入は、26日午後4時ごろまでには終える予定。終了後はトラックの運転手らとキビ搬入で使用した道路の清掃を行う。

 同工場以外の宮古地区の3工場は引き続き搬入および操業を続ける。天候にも左右されるが、宮古製糖城辺工場は28日ごろの原料終了を予定しながら調整。同伊良部工場は来月4日ごろに、同多良間工場は同12日ごろに終了する見通し。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年8月14日(日)8:59
8:59

宮古ブルーを満喫/家族連れで記念撮影

マリンスポーツも体験/盆休みの観光客   お盆休みを宮古島で過ごそうと、観光地やビーチは観光客でにぎわった。新型コロナウイルス感染収束が見通せない中、3年ぶりに制限行動のないお盆。天気にも恵まれた13日は、伊良部大橋を走るレンタカーが連なった。前浜ビ…

2022年8月14日(日)8:58
8:58

14日からの公務開始発表/第48代ミス宮古島

夏まつり延期で観光協会   宮古島観光協会の吉井良介会長らは12日、会見を開き、14日を開催日としていた宮古島夏まつりが延期されたことにより、まつり内で実施予定だった第48代ミス宮古島発表会が同日に行えなくなったものの、14日から第47代から第48代…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!