05/21
2024
Tue
旧暦:4月13日 仏滅 甲 小満
産業・経済
2013年3月27日(水)9:00

前期比6割増の13万4800㌧/沖糖宮古工場原料搬入終了

農家総手取額は30億円


最終日に搬入された原料を圧搾ラインに投入するクレーン=26日、沖縄製糖宮古工場

最終日に搬入された原料を圧搾ラインに投入するクレーン=26日、沖縄製糖宮古工場

 沖縄製糖宮古工場の2012-13年産サトウキビの製糖操業は26日、原料の搬入を終了した。総搬入量は13万4785㌧と、台風の影響で大不作になった前期の8万4011㌧と比べ、5万774㌧(60・4%)増えた。台風17号の被害を受け低い水準でスタートした糖度は、最後は基準(13・2~14・4度)以上の14・95度と持ち直した。トン当たり農家手取額は、基準額の2万1164円を1180円上回る2万2344円。総手取額は、30億1160万円に上った。


 今年は晴れの日が多く、ハーベスターが好調に稼働した。ハーベスターで収穫した原料の割合は、49・3%と前期の42・5%より6・8ポイント増えた。高齢化に伴い、来期以降も年々伸びていくとみている。

 同社は、増産の要因に株出面積が440㌶と、前期の220㌶と比べ倍増したことを挙げる。平均反収は7・2㌧とまずまずの作柄だった。品種構成比は農林27号が50・2%と、半分を超えた。農林21号が14・6%と2番目に多い。

 糖度区分別の内訳は13・1度以下が5・87%、13・2~14・4度(基準糖度帯)が26・52%、14・5度以上が67・60%。原料の94%が基準以上となった。糖度の最高は19・1度、最低は9・3度だった。

 沖糖に次いで宮古製糖城辺工場が28日ごろ、同伊良部工場が来月4日ごろ、同多良間工場は同12日ごろに終了する見通し。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!