06/16
2024
Sun
旧暦:5月11日 先負 辛 
産業・経済
2013年4月4日(木)9:00

架設待つ「セグメント」/伊良部大橋

工事現場に並ぶ


整然と並ぶセグメント=3日、伊良部大橋工事現場上部工ヤード

整然と並ぶセグメント=3日、伊良部大橋工事現場上部工ヤード

 伊良部大橋の伊良部側鉄製箱桁から海中道路までの935㍍をつなぐ、コンクリート製の上部工箱桁(セグメント)70個が工事現場の上部工ヤードに整然と並べられている。


 セグメントは主航路部の中央径間箱桁架設後に順次取り付けられる。連続してつなぐ箱桁の総数は約300個。一つの大きさは幅9・7㍍、長さ高さともに3㍍で重さは60㌧。取り付けが進み、保管場所に空き次第、残りのセグメント製作を始める。

 伊良部大橋現場建設事務所によると、主航路部三つの鉄製箱桁の溶接、塗装に約3カ月を要するため、中央径間部箱桁の架設が予定通り16~20日に行われれば、7月後半ごろから伊良部側のセグメント取り付けに入る予定という。

 主航路部は、昨年4~5月にかけて、平良側と伊良部側の架設作業は完了している。残る最中央部に当たる中央箱桁の架設工事を行おうとしたが、台風4号の接近によって、中央桁をつり上げる大型浮きクレーン船が基地港(兵庫県)に帰港したため、工事が約1年停滞していた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!