03/04
2024
Mon
旧暦:1月24日 赤口 丁 
産業・経済
2013年6月18日(火)9:00

経済波及効果は6億4000万円/りゅうぎん総研まとめ

宮古島市での野球キャンプ効果


今年もオリックス球団など社会人、大学チームがキャンプを行った(資料写真)

今年もオリックス球団など社会人、大学チームがキャンプを行った(資料写真)

 【那覇支社】宮古島経済への波及効果は約6億4200万円。りゅうぎん総合研究所(佐喜真實社長)はこのほど、2012年度に宮古島市で野球合宿したプロや社会人、大学、高校、少年チームの参加による経済効果を発表した。プロ野球のオリックス球団(1・2軍)のほか、社会人、大学が7、高校、少年野球が4の計12チームが実施し、約680人が参加した。オリックスのキャンプには島内外から約1万2000人の観客や報道関係者らが訪れた。


 合宿参加者の宿泊や飲食、交通費などの支出額が1億8600万円で、観客や報道関係者らの支出額が2億2200万円となり、二つの合計金額の4億800万円が直接支出額となる。直接支出額に自給率を掛けた県内供給分の3億7100万円が、経済の直接効果となる。宿泊や飲食などの関連産業の直接効果が、原材料やサービス業などの他産業の売上増に影響する1次間接波及効果で1億7100万円。直接効果と1次間接波及効果で派生する、地域の雇用所得や消費支出の増加により、各産業の生産に波及した2次間接波及効果が9900万円だった。直接効果と1・2次間接波及効果の合計金額6億4200万円が、宮古島での野球合宿の経済効果となり、直接支出額4億800万円の1・6倍の波及効果をもたらした。

 産業別の経済効果では、宿泊業が最多で9600万円、島内交通費や航空運賃費などを含む運輸業が8300万円、飲食業8100万円、製造業7300万円、商業が5600万円だった。

 りゅうぎん総研は「関係者の活発な誘致活動により、プロサッカーや陸上競技の社会人チームも合宿を行うなど、宮古島の知名度は高まっている。スポーツコンベンションを通した地域振興が今後も期待される」としている。


カテゴリー一覧

観光関係

2024年2月22日(木)8:59
8:59

市に地域創生金賞/楽天トラベルアワード

市長「知名度さらに」/2宿泊施設も高評価   楽天グループが運営する旅行予約サービス「楽天トラベル」はこのほど、国内の登録宿泊施設や自治体を表彰する「楽天トラベルアワード2023」を発表した。宮古島市が「楽天トラベル地域創生賞ゴールドアワード」を受賞…

2024年1月21日(日)8:57
8:57

トライ応援ツアー再開へ/観光協青年部

活動目標に「エンジョイ」   宮古島観光協会青年部(大嶺宣之部長)の第40回定期総会が20日、市内の飲食店で開かれ2024年度の事業計画や予算を決めた。事業計画では全日本トライアスロン宮古島大会応援バスツアーを5年ぶりに再開することなどが承認された。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!