12/09
2022
Fri
旧暦:11月16日 友引 丙 
社会・全般
2013年6月26日(水)9:00

棚原惠照氏に感謝状/県シルバー人材センター連合

会の発展に功績


県シルバー人材センター連合会長から感謝状を受けた宮古島市同センターの棚原惠照前理事長(左)と國仲清正新理事長=25日、那覇市のかんぽの宿那覇レクセンター

県シルバー人材センター連合会長から感謝状を受けた宮古島市同センターの棚原惠照前理事長(左)と國仲清正新理事長=25日、那覇市のかんぽの宿那覇レクセンター

 【那覇支社】公益社団法人県シルバー人材センター連合(名嘉元甚勝会長)は2013年度定時総会を25日、那覇市のかんぽの宿那覇レクセンターで開いた。12年4月に公益社団法人化した同連合は、宮古島市や多良間村など16の拠点センターで構成されている。総会後の交流会で、同連合理事・監事を歴任した棚原惠照氏ら2人に、名嘉元会長から感謝状と記念品が贈られた。


 総会の議事では、12年度事業報告や収支決算、13年度事業計画などの議案が審議され全会一致で承認された。事業報告の中で、12年に策定した「第1次中期事業計画」に取り組んだが、会員数が大幅に減少し、会員増強が今後の課題と指摘した。13年度は高齢者の入会促進と就業機会の確保・拡大、安全適正な就業などを基本方針にして、連合と拠点センターが連携・協力して事業を推進する。計画目標は会員数6563人(前年度5573人)、受注契約額25億2737万円(同約22億9837万円)、就業率84・7%(同79・6%)。

 名嘉元会長は「生涯現役をスローガンに、仕事を通した社会参加を推進し、増加する高齢者の受け皿として大きな期待が寄せられている」とあいさつした。

 棚原氏は宮古島市シルバー人材センター理事長の5期10年を振り返り「法人化がスムーズに達成でき、事務局の体制も強化されて感慨深い。今後は新役員が、無事故無災害で健康第一に、地域に貢献できるセンターに育ててほしい」と話した。

 同連合によると、12年度宮古島市の会員数は183人(男性116人、女性67人)。就業人員137人(74・9%)、受注契約金額約9666万円(1149件)。多良間村の会員数は54人(男性34人、女性20人)、就業人員47人(87%)、受注契約金額66万円(7件)。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年11月22日(火)8:57
8:57

角突き合わす熱戦展開/多良間ピンダアース大会

重量級は「大空1号」連覇   【多良間】第22回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計16頭のヤギが出場し、角と角を激しくぶつけ合うなど熱戦を繰り広げた。重量級は前回大会覇者の「大空(たから)1号」…

2022年11月14日(月)9:00
9:00

青い海と走りを満喫/17ENDハーフマラソン

21㌔は大山、太田がV/3コースで793人、79組完走   第1回宮古島市17ENDハーフマラソンin伊良部島大会(主催・市、市教育委員会)が13日、伊良部平成の森公園を発着点に行われた。A、Bコースに829人、Cコースに79組が出場し、マイペースで…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!