02/08
2023
Wed
旧暦:1月18日 赤口 丁 
社会・全般
2013年7月5日(金)9:00

宮古にサテライトキャンパス/琉大

10月以降の開設構想/大城学長が明らかに


就任あいさつで下地市長を表敬訪問した大城琉大学長(左)=4日、市長室

就任あいさつで下地市長を表敬訪問した大城琉大学長(左)=4日、市長室

 就任あいさつで下地敏彦市長を訪ねた琉球大学の大城肇学長が4日、今年10月以降に宮古や石垣など県内離島に同大学の「サテライトキャンパス」を設置する構想を明らかにした。同大学とサテライトをテレビ会議システムで結び、同大学が月1回開催している21世紀フォーラム(公開討論)や公開講座、公開授業などを配信する。大城学長は「地元(離島)にいながら、琉大に来られるような仕組み作りをしていきたい」と抱負を語った。


 本土復帰以前、奄美に琉大の分校があり、これがサテライトキャンパス設置のヒントになったという。

 テレビ会議システムは双方向通信で、両会場の出席者の顔が見え、同時に討論も可能になる。フォーラムや講座は、DVDに収録し、適当な時間にテレビで見えるようにもする。

 将来的には、大学院の単位も地元で取れる仕組みにして、修了まで持っていける形を描く。講座の内容については「アンケート調査を基に、地元のニーズを把握した上で検討したい」と述べた。

 一般住民向けの公開講座は、名誉教授の研究成果報告や健康づくり支援講座など多い。看護師ら専門職を対象にした講座もある。公開授業は、学生が受けている授業を配信する。

 大城教授は、サテライトは、琉大の情報を高校生に提供し、関心を持たせる場にもなると期待を込めた。

 サテライトは、市内の空き店舗を活用することで、地域の活性化に役立ちたいとの考えを示した。管理運営に関し大城学長は、「琉球大学同窓会宮古支部の活動拠点にもしてほしい」と述べ、同支部との連携を視野に入れた。

 サテライトキャンパス 大学から離れた場所に設置されたキャンパス。


カテゴリー一覧

観光関係

2023年2月2日(木)8:58
8:58

12月観光客数は6万2179人/宮古島市

最多の19年度に次ぐ多さに 市観光商工課は1月31日、2022年12月の宮古島市への入域観光客数について、前年同月比1万3952人増の6万2179人だったと発表した。12月としての最多を記録した19年度の7万6621人には届かなかったものの、それに続く18年度…

2023年1月31日(火)8:58
8:58

きょう、開通から8年/伊良部大橋

宮古の観光産業をけん引   宮古本島と伊良部島を結ぶ伊良部大橋は、きょう31日で開通から8年を迎える。すっかり島民の生活路線として定着した大橋だが、宮古地区全体で飛躍的な伸びを示す観光産業のけん引役として内外の注目を集める。伊良部島、下地島では官民一…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!