06/19
2024
Wed
旧暦:5月14日 赤口 甲 
社会・全般
2013年7月5日(金)9:00

宮古にサテライトキャンパス/琉大

10月以降の開設構想/大城学長が明らかに


就任あいさつで下地市長を表敬訪問した大城琉大学長(左)=4日、市長室

就任あいさつで下地市長を表敬訪問した大城琉大学長(左)=4日、市長室

 就任あいさつで下地敏彦市長を訪ねた琉球大学の大城肇学長が4日、今年10月以降に宮古や石垣など県内離島に同大学の「サテライトキャンパス」を設置する構想を明らかにした。同大学とサテライトをテレビ会議システムで結び、同大学が月1回開催している21世紀フォーラム(公開討論)や公開講座、公開授業などを配信する。大城学長は「地元(離島)にいながら、琉大に来られるような仕組み作りをしていきたい」と抱負を語った。


 本土復帰以前、奄美に琉大の分校があり、これがサテライトキャンパス設置のヒントになったという。

 テレビ会議システムは双方向通信で、両会場の出席者の顔が見え、同時に討論も可能になる。フォーラムや講座は、DVDに収録し、適当な時間にテレビで見えるようにもする。

 将来的には、大学院の単位も地元で取れる仕組みにして、修了まで持っていける形を描く。講座の内容については「アンケート調査を基に、地元のニーズを把握した上で検討したい」と述べた。

 一般住民向けの公開講座は、名誉教授の研究成果報告や健康づくり支援講座など多い。看護師ら専門職を対象にした講座もある。公開授業は、学生が受けている授業を配信する。

 大城教授は、サテライトは、琉大の情報を高校生に提供し、関心を持たせる場にもなると期待を込めた。

 サテライトは、市内の空き店舗を活用することで、地域の活性化に役立ちたいとの考えを示した。管理運営に関し大城学長は、「琉球大学同窓会宮古支部の活動拠点にもしてほしい」と述べ、同支部との連携を視野に入れた。

 サテライトキャンパス 大学から離れた場所に設置されたキャンパス。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!