06/17
2024
Mon
旧暦:5月11日 先負 辛 
スポーツ
2013年10月21日(月)9:00

宮高、準々決勝敗退/全国高校サッカー

名護商工に0-1の惜敗


宮高は地元の盛大な応援の後押しを受けるも名護商工に0-1で惜敗した=19日、前福多目的運動場

宮高は地元の盛大な応援の後押しを受けるも名護商工に0-1で惜敗した=19日、前福多目的運動場

 第92回全国高校サッカー選手権大会沖縄県予選の準々決勝の宮古高校対名護商工戦が19日、前福多目的運動場で行われた。地元の盛大な応援を受けた宮高だったが何度か訪れた決定的なチャンスを生かせず0-1で惜しくも敗れ、2年連続の全国大会出場は成らなかった。

 両チームは、昨年もこの大会で4強入りを懸けて同運動場で対戦。その時は宮高が4-1で勝利し、そのまま優勝した。

 この日のゲームは、序盤から一進一退の攻防を展開し、互いに何度か訪れたチャンスを生かせないまま前半は終了するかに思われた。しかし、前半終了間際の39分に名護商工のフリーキックがそのままゴールネットを揺らし、宮高は先制を許した。

 風上に立った後半、宮高は怒涛の攻撃を展開。何度か訪れた決定的なチャンスも生かせず後半だけではなった10本のシュートもゴールネットを揺らせないまま試合終了のホイッスルが会場に響き、結局0-1で敗れた。

 上間良哉監督は「相手の粘り強いサッカーが素晴らしかった。チャンスを生かし切れなかったことが敗れた原因。地元の素晴らしい応援を受けながら結果が出せなくて残念」と試合を振り返った。

 神里春也主将は「自分たちの力不足。日々の生活、サッカーにおいて名護商工の方が凡事徹底がなされていた結果。地元の応援にも応えられなくて残念。後輩たちには3度目の全国大会出場を目指して頑張ってほしい」と涙ながらに話した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!