04/19
2024
Fri
旧暦:3月11日 先勝 癸 穀雨
産業・経済
2013年11月12日(火)9:00

那覇への空輸費補助へ/宮古島市

生鮮水産物 伊良部で説明会開催

 宮古島市は宮古-那覇間の生鮮水産物の輸送費補助事業が今月下旬にも始まるのを前に11日、伊良部の漁業関係者を対象に事業説明会を開いた。地理的事情から生じる宮古の流通条件不利性解消を目的とする。沖縄本島までの空路輸送費補助は宮古島市が県内では初めて。補助額は1キロ当たり55円に設定した。

 対象品目は、市内3漁協(伊良部、宮古島、池間)を通して沖縄本島に出荷される生鮮水産物。漁業者への支払いは、出荷実績に基づき四半期ごとに行う。

 伊良部漁協が沖縄本島に出荷している水産物はマグロやカツオ、グルクンなどが多い。

 補助対象にはシャコガイ、イカ、タコ、モズク、クルマエビなどほとんどの生鮮水産物が含まれるが冷凍品、加工品は対象としない。

 期待される事業効果には①漁業者の出漁機会が増え生産量の増加につながる②出荷先が増え宮古の魚の魅力を広く発信できる-などを挙げる。

 キロ当たり55円の補助は、宮古-那覇の空路輸送費1キロ108円と、宮古-那覇間(290㌔)の陸路輸送費53円(仮定)の差額で算出した。

 同事業は沖縄振興特別推進交付金(一括交付金)を活用する。年間の補助金額は2011年度の3漁協輸送実績250㌧を基に1375万円と試算し、今年度当初予算に計上していた。

 説明会はきょう12日は午後5時から池間漁協、13日は午後4時から宮古島漁協で開催する。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!