01/31
2023
Tue
旧暦:1月10日 仏滅 己 
産業・経済
2013年11月14日(木)9:00

単独事業10%減額へ/宮古島市

老朽施設は「積極的解体」/来年度予算編成方針

 宮古島市(下地敏彦市長)は12日、市職員に2014年度の予算編成方針を説明した。地方交付税の減額に対応するため、10%を上限とした枠内で市単独事業(市単独補助金含む)を減額するよう各課に求めた。施設の統廃合を推進し廃止後の利活用を検討することや、老朽化が進んでいる施設は積極的に解体することを指示。その経費を予算に盛り込むよう促した。将来、財源不足に陥るという危機意識を全職員が共有した予算編成が必要としている

 市では、16年度から5年間で段階的に約30億円が引き下げられる交付税減額に向け、「残り2カ年でどれだけ基金積立ができるかで、後年の市民サービスの質と量が決まる重要な2カ年である」と指摘。現在は44億円が積み立てられている財政調整基金(貯金)を、2年後には55億円にする方針を示している。

 積み立ての目標を達成するため歳入面では▽市税の徴収率の向上▽財産の有効活用▽受益者負担の適正化の強化-を図る。

 歳出面では市町村合併により膨れ上がった▽人件費の抑制▽施設の維持管理に係る経費の削減▽需用費(消耗品など)や物件費(非常勤職員の賃金など)の抑制-を徹底する方針だ。

 説明会では行財政改革の徹底を強調。社会環境の変化や市民ニーズを的確に捉えた予算編成を行うよう求めた。

 具体的には、事業の廃止や内容の見直し、実施時期、実施手法などを改めて精査し、その成果を予算に反映させることとした。

 物件費については、施設維持管理に伴う経費以外は毎年、緊急度を勘案し査定するべきだとした。

 施設管理の在り方については、老朽化が進み不要となる施設については取り壊しに係る経費を積極的に予算要求するよう指示した。

 来年度の当初予算は各課のヒアリングを12月11日~来年1月10日まで行った後、1月29日に1次内示、同31日までに復活要求を経て、2月6日に最終内示される予定。

 市財政課によると11年度決算でみる宮古島市の予算規模は360億円で、県内類似自治体(人口規模)と比較すると▽豊見城市200億円▽糸満市210億円▽名護市310億円-で突出している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!