05/21
2024
Tue
旧暦:4月13日 仏滅 甲 小満
社会・全般
2013年11月26日(火)9:00

佐平、大米建設を表彰/県建設雇用改善優良事業所

個人では友利誠さん(先嶋建設)


2013年度県建設雇用改善優良事業所などで表彰された佐平八十男社長(右)と友利誠さん(中央)、大米建設の仲本靖彦副社長(左)=25日、県庁

2013年度県建設雇用改善優良事業所などで表彰された佐平八十男社長(右)と友利誠さん(中央)、大米建設の仲本靖彦副社長(左)=25日、県庁

 【那覇支社】2013年度県建設雇用改善優良事業所表彰式(県主催)が25日、県庁で行われ、県知事表彰に2事業所、県建設業協会長表彰に3事業所・17個人が選ばれた。宮古地区からは同協会長表彰として佐平建設(佐平八十男社長)や優良若年建設従事者に先嶋建設の友利誠さんがそれぞれ表彰された。

 また、独立行政法人勤労者退職金共済機構理事長表彰として、建設業退職金共済制度普及事業所に大米建設(下地米蔵社長)など2事業所が表彰伝達された。

 同協会長表彰は、建設労働者の雇用の改善に功績のあった事業所や30歳未満、勤続5年以上の技術・技能の職種で、勤務成績優秀で他の模範となる従業員が対象。

 武田智県商工労働部統括監は祝辞で「日頃から建設労働者の雇用の改善に積極的に取り組み、真摯な努力で建設業の健全な発展に大きく貢献され、深く敬意を表する」と述べた。

 表彰式の後、大米建設の仲本靖彦副社長は「賞を励みに業界や地域社会のために、より一層貢献していきたい」と意気込みを示した。

 佐平社長は「賞をもらえるのはうれしいこと。今後ともますます雇用の促進に励みたい」と、友利さんは「技術者として10年後ももらえるように、後輩たちを引張っていけるように頑張りたい」と、それぞれ話した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!