06/15
2024
Sat
旧暦:5月10日 友引 庚 
教育・文化
2013年11月26日(火)9:00

宮高A、数学分野で1位

「科学の甲子園」沖縄予選 


数学分野で1位に選ばれたAチームと関係者ら=25日、宮古高校

数学分野で1位に選ばれたAチームと関係者ら=25日、宮古高校

 第3回沖縄科学グランプリ・科学の甲子園全国大会沖縄予選(主催・県教育委員会)がこのほど、県立総合教育センターで開かれた。県内の離島高校から唯一出場した宮古高校(川満健校長)のAチーム平良榛希君(2年)ら7人が筆記競技で競った結果、数学分野で1位に決まった。同校で25日、報告会が開かれ、平良君らは、1位の喜びをかみしめていた。Bチームは、健闘したが上位入賞には及ばなかった。


 授業で学習したことをベースに、実生活に関連した課題に取り組むことによって、科学技術・理科・数学・情報に対する興味や関心を喚起するとともに、科学的な思考力・判断力・表現力などを育成するのが目的。今回の予選には県内から19校30チームが参加した。

 Aチームは、平良君のほかに下地百薫さん(2年)、仲田そらさん(同)、源河美乃里さん(同)、山口翔平君(同)、友利拓未君(同)、浜元佑君(1年)で構成。

 筆記競技は▽物理▽化学▽生物▽地学▽数学▽情報-の6分野でそれぞれ競われた。

 平良君は「1位になれたのは、百薫さんの力のおかげ。改めて百薫さんの数学の力はすごいと思った」とたたえた。

 Bチームで参加した佐々木智明君(2年)は「各分野とも難しかった」と振り返った。

 川満校長と与那覇丈仁教諭は1位を評価した上で、生徒たちの今後の頑張りに期待を寄せた。

 優勝校は筆記競技と実験競技の合計得点で決定し、全国大会に推薦される。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!