04/23
2024
Tue
旧暦:3月14日 仏滅 丙 
産業・経済
2013年11月27日(水)9:00

「子供の遊び場少ない」/ロシア観光視察団指摘

観光関係者と意見交換


ロシア観光視察団は積極的に意見を述べた=26日、宮古島東急リゾート

ロシア観光視察団は積極的に意見を述べた=26日、宮古島東急リゾート

 社団法人レジャー・スポーツダイビング産業協会(東京都、河野洋平会長)の招待で滞在中のロシア観光視察団5人は26日、下地のホテルで宮古島観光協会などの関係者らと意見を交換した。視察団からは「子供の遊び場が少ない」「宮古までの航空運賃や宿泊費は安くできないか」「ロシア人にはゴルフや野球は人気がない」などと指摘し「食べ物はおいしくて問題はない」「ダイビングポイントは素晴らしい」と高く評価した。


 司会は同協会理事の渡真利将博さん(ニイ・ヨン・ノース代表)が務めた。視察団のロシア沿海州政府の経済政策及び立法委員長のメドヴェーヂェフ・ゲンナーヂーさんは、今回の招待に感謝し、今後の沖縄・宮古観光の実現に向け、意欲を示した。

 視察団には旅行会社の商品企画責任者の女性4人が参加。コドレフ・マルガリータさんは「宮古島の観光を考えた場合、ロシアから家族で訪れても子供の遊び場が少ない。子供の遊びは大事で増やした方が良い。ロシアでも人気のあるサイパンやグアムには、子供の遊び場が多い」と説明した。

 シェホフツォワ・ユリアさんとナウムキナ・ヴァレンチーナさんは「宮古にはホテルの外で遊ぶ楽しいことが少ない。宮古の海とビーチは、とてもきれい。日本は他の外国と違って航空運賃や宿泊費が高い」と指摘した。

 マスリョーハ・マリーナさんは「ロシアの人は歳を過ぎるとあまり何処にも行かない」と実情を説明した上で「帰ったら沖縄ツアーの旅行商品を考えたい」と前向きに取り組んでいく姿勢を示した。

 また視察団は「台湾旅行ツアーは10日間で日本円にして20万円。安いから人気がある」と情報提供した。

 同協会は、県の国内外観光向けエンターテイメント創出・観光メニュー開発支援事業の支援を受け、視察団を招待した。意見交換後、視察団は26日午後、那覇へ向かった。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月21日(日)8:54
8:54

「宮古横丁」がプレオープン/観光スポットに期待

ホテルアートアベニュー 平良西里にあるホテルアートアベニュー(旧ホテル共和別館)の1階に、タイ料理など7店舗が入る「宮古横丁」が19日、プレオープンした。経済団体や観光団体など関係者らが盛大に開業を祝った。

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!