02/05
2023
Sun
旧暦:1月15日 先負 甲 
教育・文化
2013年12月18日(水)9:00

税の役割を学ぶ/法人会青年部会主催

平一小で租税教室


租税教室でクイズに答えながら税について学ぶ児童=16日、平良第一小学校

租税教室でクイズに答えながら税について学ぶ児童=16日、平良第一小学校

 沖縄宮古法人会青年部会(伊沢忠憲部会長)主催の租税教室が16日、平良第一小学校(乾邦夫校長)で行われ、6年生約100人が税の種類や役割などについて学んだ。

 同部会の友利博明副部会長が講師を務め「税金がなかったら」を主題にした動画やスライドで税の大切さを児童に説明した。

 担当した6年1組担任の宮国智子教諭は「これまで社会科の授業で税の種類などについて学んできた。きょうはさらに詳しく勉強してほしい」と児童たちに呼び掛けた。

 友利さんはスライドを使いながら、クイズ形式で税金は消防や警察、役所が行っているごみの収集など多くのことに使われていると分かりやすく説明した。

 また、教育関係では小学生一人当たりに使われている税金は年間85万7000円(2010年度)で「お金をかけずに学校に通えるのは税金が使われているため」と話した。

 神里圭君は「火事が起きたときなど消防の費用を自分で負担しなければならないなど、税金がないことの怖さや大切さも良く分かった」と感想を話した。

 この取り組みは次代を担う児童を対象に税の大切さやその役割の理解を深めてもらうために、租税教育の一環として実施している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!