05/21
2024
Tue
旧暦:4月13日 仏滅 甲 小満
スポーツ
2013年12月27日(金)9:00

「全国でも頑張る」/卓球

県予選制覇の3人が報告会


県予選を制した左から砂川朝博君、本村葵君、砂川風子さん。右は男子3年部の準優勝の本村凌君=26日、市総合体育館

県予選を制した左から砂川朝博君、本村葵君、砂川風子さん。右は男子3年部の準優勝の本村凌君=26日、市総合体育館

 22日にうるま市で開催された第11回全国ホープス選抜卓球県予選の報告会が26日、市総合体育館で行われた。

 宮古地区の代表は男子5、4年の部と女子3年の部で優勝したほか、男子3年の部でも準優勝を果たした。

 県予選を制した砂川朝博君(平一小5年)、本村葵君(南小4年)、砂川風子さん(平一小3年)の3人は来年3月21日から23日まで山形県で開催される全国大会に県選抜として派遣される。

 全国大会への抱負について砂川君は「県予選ではサーブが有効だったので全国でもサーブを生かしてまずは一勝を目指したい」と意欲を示した。

 本村君は「全国では攻めるプレーをしたい」と述べ、砂川さんも「スマッシュとドライブを生かして頑張りたい」と抱負を述べた。

 そのほか、惜しくも準優勝となり全国大会出場を逃した男子3年の部の本村凌君は「サーブをしっかり練習して次は全国に行きたい」と述べた。

 宮古卓球連盟の安谷屋満会長は「宮古の子どもたちはレベルが高い。指導者の力もあり、これからも期待できる。全国大会に出場する3人にはまずはベスト突破を目指して頑張ってほしい」と激励した。

 県予選の結果は次の通り。

 5年生の部男子優勝=砂川朝博(宮古南星クラブ)▽4年生の部男子優勝=本村葵(卓将会)▽3年生の部女子優勝=砂川風子(宮古南星クラブ)▽同男子の部準優勝=本村凌(卓将会)


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!