10/28
2021
Thu
旧暦:9月23日 先勝 己 
2014年2月11日(火)8:55

オリックスキャンプ便り③/安達 了一内野手(26)

144試合フル出場に意欲


安達 了一内野手

安達 了一内野手

 今年で3年目を迎える安達了一内野手。1年目の出場は50試合だったが、昨シーズンは131試合と遊撃手のレギュラーとして定着した。「1年目と比べれば充実したシーズンだったと思う」としながらも、「勉強になった1年だった。131試合出させてもらって、144試合に出ることは難しいことと分かった」との感想を示した。

 自身の長所を守備範囲の強さ、課題はバッティングの粘り強さと分析。「昨年、2割3分5厘だった打率を2割8分くらいにはしたい。あとは上位打線につなげるバッティングやバントをしっかりとやっていきたい」との目標を掲げる。

 今キャンプでは守備練習で森脇浩司監督から直接、指導を受ける場面も。「体が高いので腰を低くし足を使って、目線を変えずにボールに入るよう言われている」という。

 遊撃手というポジションよりもレギュラーに強くこだわりたい考えを示す安達。「ショートのレギュラーを誰にも取らせないというよりは、試合に出ることができるように、どこでも良いのでレギュラーを目指して頑張りたい」とした上で、「今シーズンの目標は、144試合にフルで出続けること」とフル出場に強い意欲を見せた。

 安達 了一(あだち・りょういち) 1988年1月7日生まれ。群馬県出身。榛名高-上武大-東芝-オリックス。2012年にドラフト1位で入団。身長178㌢、体重77㌔。右投げ右打ち。背番号3。

カテゴリー新着

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!