04/25
2024
Thu
旧暦:3月16日 赤口 戊 
スポーツ
2014年3月18日(火)9:00

佐渡山(平成国際大)が全国V/重量挙げ全日本ジュニア

トータル159㌔の自己新


トータル159㌔の大会自己新で優勝した佐渡山彩奈=15日、栃木県立県南体育館(写真提供・平成国際大)

トータル159㌔の大会自己新で優勝した佐渡山彩奈=15日、栃木県立県南体育館(写真提供・平成国際大)

 重量挙げのJOCジュニアオリンピックカップ第34回全日本ジュニア選手権大会は15日、栃木県立県南体育館で行われ、女子53㌔級に出場した佐渡山彩奈(宮古高校卒-平成国際大1年)がトータル159㌔(スナッチ69㌔、ジャーク90㌔)の自己新記録で初優勝した。佐渡山は17日、宮古毎日新聞社の電話インタビューに「優勝はうれしいが、目標の(トータル)160㌔に1㌔足りなかったので悔しいとの気持ちが強い」と話した。

 大会でのスナッチの自己ベストは70㌔。練習では72㌔を挙げていたが、この日はわずかに届かなかった。

 ジャークでは90㌔を挙げて自己記録を更新。さらに上の91㌔を狙ったが惜しくも失敗した。

 昨年のインカレでは個人3位に入り、平成国際大の上位入賞に貢献した。

 同大の野澤雄一監督は「競技を始めてから期間が短い分、伸びしろがある。宮古の選手はバネがあり身体能力が高い」と話した。

 高校時代に佐渡山を育てた宮高の渡慶次晃監督は「順調に記録を伸ばしている。昨年の夏休みに一時帰島し一緒に練習したが、目的意識を持って取り組んでいることがうかがえた。今回の優勝は、目標をさらに上に設定できるきっかけになったのでは」と語った。

 現在、佐渡山は国際競技力向上のための強化活動拠点「味の素ナショナルトレーニングセンター」でジュニア強化合宿に参加している。

 「今は練習を積み、目の前の大会に全力を出し切るだけ」と佐渡山。後輩たちには「ライバルたちも増えたと思う。切磋琢磨し、さらに上の記録を目指してほしい」とエールを送った。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月21日(日)8:54
8:54

「宮古横丁」がプレオープン/観光スポットに期待

ホテルアートアベニュー 平良西里にあるホテルアートアベニュー(旧ホテル共和別館)の1階に、タイ料理など7店舗が入る「宮古横丁」が19日、プレオープンした。経済団体や観光団体など関係者らが盛大に開業を祝った。

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!